宗教の話題を乗り越える

0
    イギリスの公園や街中のベンチには故人を偲ぶ記念碑的なものとして寄付で設置されているものが多くあります。故人の名と生年月日、命日を記すプレート、故人へのメッセージが入っているので、なんとなく見て若くして亡くなっていたりすると、せつない思いにかられます。以前に、前の大家さんとお散歩しながらそんな話をしている中で、自分が死んでもお墓には入りたくないなぁ〜なんて、「千の風になって」ばりの話になり、宗教の話になりました。さすがはたくさんの日本人学生を受け入れて来た大家さんは神道もご存知で、そのときに大家さんに言われたのが「神がたくさんいるっていうのは分かるけど、石にまで神が宿るってのは理解できない」と言われまして、返答に困りました。そもそも仏教と神道の違いは寺と神社位の認識しか持たずにいたので、うーん、分かりません。

    ということで、外国に出るからには仏教、神道、分かっていないとなぁということで、日本に帰ったときに、井沢元彦氏の「仏教、神道、儒教 集中講座」で、少々勉強しました。聞いた事はあるけど、全く意味を分からずにいた宗教用語の説明からしっかりしてくれていて、目から鱗でなるほど〜と思うことが多く、勉強になりました。そして、そのほとんどを既に忘れました。でも、宗教の話になったときにただ黙ってるという事態だけは避けられるようになりました。

    ということで、バングラディッシュのご夫妻とラマダーンの話をしているときの話です。その流れから、ご主人に「仏教徒でしょ?何か食事に制限はあるの?」と聞かれましたので、「ないよ」と一言返したところ、「仏教は殺生を認めてないのに?知らないの?」と、君はそんなことも知らんのかね的な雰囲気で聞かれまして…。心の中で「え!殺生だめなの?知らなかった!」と思いつつ、そんなことは知ってますけど的なドヤ顔をして(ここポイント)、「日本人はね仏教と神道、それぞれの考え方を混ぜていて〜うんぬん、え、神道、知らない?日本古来の〜うんぬん」と、ぼんやりとしながらも何かをとりあえず言う事で逃げきることができました。先方も「SHI, SHINTO?もちろん、知ってる、知ってる」みたいな感じの気まずい表情になり、場が収まりました。よかった!

    ちなみに、ラマダン中はタクシードライバーもお仕事を休んで夜な夜なパーティーらしく、「タクシーがつかまらない」とはバイト先のオーナーの話です。

    ということで多民族が集まるロンドンらしい宗教の話のしめはこちらの、前の大家さん作、ガーデンに置かれた人間大仏像の写真で。「若い人がファッションで仏像を庭に置くのは理解できない」と力説するだけあり、まさかの手作り。大家さんを含め、住んでいた家の通りのアラウンド古希の皆さんはかつてはクリスチャンではあったけども、思うところあり、今は無宗教、という人がほとんどです。




    ロンドンであると便利なもの

    0
      ここのところ晴天が続いて油断していますが、さっきまで晴れていたのに雨が降ってる、というのがロンドンの基本のお天気です。来た頃は傘をささないロンドナーにびっくりしましたが、面倒くさくなるもので、私もあまり傘をささなくなりました。そこで、ウィンドブレーカー的なものがすごく役に立ちます。


      3年前にベルメゾンで買ったこれが活躍中。中のボア的なベストが取り外せるから年中着れます。
      韓国女子とか日本男子にさんざん、山に行くみたいな格好だね、と言われましたが。君たち、若いな。人生は常にサバイバルなんだよ。

      ようやく今年買った長靴(Wellies)も本当に買ってよかったです。



      これを買ったあと、Joulesのかわいい長靴がセールで安くなっていてちょっとだけ後悔しました。
       
      ところで、ブログの更新がとまっていた間の閲覧数が倍くらいに増え、更新が始まると元に戻ったのですが、これは何の現象でしょうか。突然に消えたブロガーのダイイングメッセージでも探してたのでしょうか。

      備えあっても患あるし 石橋は叩いたら割れるし

      0
        私が使っているのはロンドンに来る前に買った2011年のMacbookですが、夏に日本に帰ったときに最新のOSをクリーンインストールして、VMwareとWIndows8とやよいの青色申告を入れて、それはそれはものすごい達成感でした。2014年の確定申告は完璧だね!ってね。

        ご興味のある方に。私は以下のリンク先を参考にインストールしました。
        http://wayohoo.com/mac/tips/how-to-use-yayoi-no-aoiro-shinkoku-on-the-mac.html

        それが、確定申告締め切り前に、どんどんど動きが鈍くなり、動かなくなりまして、このざまですよ。Applecareの保証も一週間前に切れたばかりていう状況。

        原因がわからなかったので、半泣きで丸一日半かけてクリーンインストールしたり、出来るだけアプリを削除したり、ディスクの掃除的なことをしたり、ディスクの修復とかいう作業をしたり、メモリを増やすべきか、SDDに変えるべきか、もう苦手なことを相当な時間をかけてやったあと気がついた事が、「バッテリーがない」。英語設定で使っているので、「バッテリー交換して!」っていう表示に全然気がつかなかったんです。

        そこから、アップルストアに予約を入れて1週間待ちです。土曜日9時の予約でコベントガーデン店に行って、バッテリー交換してもらい「アフタヌーンには渡せるよ」と言われたので、近くで待ちました。連絡がない。連絡がない。連絡がない。アフタヌーンって何時まで?と思いながら夕方5時になり、「いつできそう?今日受け取れる?」とお店に聞きに行くも「用意ができたらメールするから、答えられない」の一点張り。一度退散してさらに待ち、閉店一時間前の夜8時に行き、「確認して〜。今日できるって言ったじゃん!」と言ったところ確認してくれて、「今やってるからあと15分たったら呼びに来ます」とのこと。まぁ、15分たったところで、来ないですよね。さらに待って閉店15分前に「あたいのMacBook〜」と言いにいき、ようやく手に入りました。その場では動きが遅かったものの、家に帰ってスイッチを入れたら、すっかり快適な状態に!これ一台でどこでも仕事ができる状況にしていた分、辛いものがありました…。

        ということで、腹が減っては判断力も劣るということで、食情報。
        待っている間、前大家さんもオススメだった、近所のCIty Lit(カルチャーセンター的な所)のカフェでランチ。

        3.9ポンドのお魚(名前を失念!)のグリルとチップスとサラダ。お水0.7ポンド。
        お味はまぁまぁ美味しかったです。お洒落ではないですが、外部の方も利用できるので試されてみたらどうでしょう。

        City Lit
        Keeley Street
        Covent Garden
        London
        WC2B 4BA

        銀行口座を開けてみました

        0
          重い腰を上げて、銀行口座をよくやく開けました。

          口座を開けるのに必要なものは、勤め先や学校で発行してもらう銀行宛の手紙、又は公共料金などの領収書、それとパスポートなどの身分証明書です。語学学校にも通っていなくて、自営で、間借りしている身分の私は住所を証明する書面がなにもなく…、近所にある全ての銀行に行ったところ、どこもかしこもだめってことで、最後に訪れたLLOYDS銀行だけパスポートのみで開けてくれるということになりました。家に帰って調べたら(行く前に調べろよってところですが…)、ロイズ銀行のサイトに日本のパスポート(ビザ付き)はそれだけでO.Kと書いてありました…その割に「え?パスポートだけ?仕方ないなぁ」的な感じで渋ってたんですが…。
          http://www.lloydsbank.com/legal/proof-of-identity.asp
          今更、ロンドン在住の日本人のロイズ使用率の高さの理由を知りました。

          ロイズ銀行では対応してくれた男性職員に「じゃ、明日11時40分にきて」と言われ、まずは手続きの予約をする形になりました。そして渡された予約時間を書いたメモには「11.30pm」と。おいおい、銀行員なのに適当すぎるでしょ。なんなら英語も訛り過ぎでしょ。と思って嫌な予感を胸にいただきつつも黙って、翌日11.30amに行きました。窓口で担当職員を呼び出してもらうものの、来ない。しばらくして、やってきたのですが、「10分待って」と。で、10分後、他の女性社員がきて「10分待つように言ってます」と。結果、待ちましたよ、1時間。おい、アリ、何のための予約なんだ!ちょっとちょっとーって窓口に言いに行ったところ、別の女性職員が対応をしてくれることに。そして、連れて行かれた奥の部屋の奥に、元担当職員アリが別のお客さんの相手をしている姿が!さすがに怒りを覚えましたけど、代わりの女性職員がいい人で、この人に怒るわけにもいかないし、と思って、もんもんとしたまま30分程で無事に手続きがすみました。女性職員の人が「遅れを取り戻すからね〜」と光の早さで手続きしてくれて、それも逆に不安ではありましたが。銀行員って私が思っていた程、堅い職業じゃないのかな…。

          後日、カードが送られて来て無事に口座開設完了。さて、入金の仕方がわかりません!次回へ…。(たぶん)

          ここだけ女性向け!

          0
            公に書く話ではないかもしれませんが、女性にとっては大きな問題、ナプキンの話をちょっと。長期で渡航する場合、品揃えや品質が心配でとりあえず一通り持って来る方が多いのではないかと思います。私もそうでした。イギリスでは、香料付き(香りがどぎつい)、無香料、夜用、多い日用、少ない日用、パンティライナー等、一通り日本と同じように揃っています。ただ、私が驚いたのは箱入りの安いものを買ったときに、中身が個装されておらず、そのまま並んで入っていたことです。なるほど、別に持ち歩きを考えなければ、資源の無駄遣いにもならず、価格もおさえられていいのかもしれないですね。なんとなく、不衛生な気もしないでもないのですが…。

             

            日本から持ってくるといいと思うもの

            0
              もうすぐ春ですし、イギリスに留学に来る人もいるかもしれない、というこで、唐突にイギリスに長期で来るときに日本から持って来た方がいいと思うもの。

              1.サランラップ(クレラップでもいいですが…)
              失礼ながらこちらで売っているのは品質がひどすぎてびっくりしました。大家さんも日本のを使ってます。

              2.マスキングテープ
              売ってるには売ってるのですが、ほとんどのショップで大きいサイズしか取り扱ってないし、高いです。豊富なバリエーションで揃いまくってる日本が懐かしい…。日本のカラフルなマスキングテープも売っていますがやはり高いです。

              3.シャープペン&芯
              イギリスはペン派が多いのだろうと思うのですが、日本に比べると品数が少なくて選べません。売っていてもなぜか10本くらいのまとめ売り。使い捨て感覚なんでしょうか。売っているのも日本製がほとんどなので日本で買った方が安いです。

              4.文房具、画材全般 (とくにアートスチューデントの方は)
              理由はシャープペン同様。
              デザイン、カリグラフィー、製本などのクラスに通ったりしましたが、だいたい先生がペンなどの道具を薦めるときは日本製ということが多いので、3倍くらいの値段で日本製を買うという悲しいことになったりします…。
              先を見越して、お気に入りがあれば、多めに持って来てもいいのかもしれないです。

              では、ぱっと思いついた三大+1持って来た方がいいものでした。ラップ、文房具はよく聞く話ではありますが、ご参考までに。また思いついたら書きます。

              黙して語らず

              0
                 次回へ続く、みたいなブログの終わり方をしたまま、(そしていくつかの仕事を仕上げないまま)ロンドンに戻ります。本当にごめんなさい。

                明日はブリティッシュエアウェイズの羽田6時半初の飛行機で行くので、今日は羽田近くの空港送迎バス付きビジネスホテルに宿泊してます。羽田早朝か成田午後発のどちらかなのですが、羽田便の方が安いことが多いですし、現地に午前10時につくので、なかなか便利だと思います。それとブリティッシュエアウェイズは3月頃だと留学生割引があったので、学生さんはそんなのもネットなどで探されてみるといいかもしれませんね。前回利用したのですが、旅行代理店で出してもらった見積もりと10万円近く差が出ました。

                さて、こんな街出て行ってやると言って、東京に出た日に出会った変態の大家さん、そして埼玉に舞い戻る私、そんなことを思い出しつつ、28才、永遠の反抗期、満を持して初めての完全自炊生活をしにロンドンに行ってきます。


                ホストマザーが作っていた鮭(かな?)の料理。パーティー用なので、私は食べてないですけどね。え!?

                1

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                2627282930  
                << November 2017 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • そして、オーストラリア編へ。
                  スー
                • そして、オーストラリア編へ。
                  ゆか
                • 日本に戻りました。
                  ゆか
                • 日本に戻りました。
                  すー
                • 日本に戻りました。
                  ゆか
                • あのエリックの個展!
                  すー
                • あのエリックの個展!
                  ゆか
                • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                  しちじゆう
                • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                  Maki
                • 今日も演歌な一日でした。
                  すーしちじ

                recommend

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM