卒業してコアラ見て帰国しました。

0
    ブログが途絶えて久しいですが、その間に無事に学校を卒業、車で三時間の距離いるクラスメイトの家に小旅行に行き、日本に戻り、たまった事務作業に追われて今に至ります。忽然と更新が途絶えてしまったので、ご心配をおかけしたりしてなかったりしてすみません。すでに卒業したのが遠い昔のようですが、最後の二週間は本当に過酷で薬漬け(サプリ!)で乗り越えました。カリキュラムが1日、2、3時間の睡眠を二週間弱続ける前提で組まれてるんですよ。おかしい!私はそれなりに寝ましたが、真面目なクラスメイトはみるみるやつれていくし、出来ない子だけでなく優秀な子までも泣き出し、男子も泣き出す。ここまで追い詰められると、自分自身の弱点も見えて、優秀な人がどう乗り切るのか、遅れる人は何がいけないのか、そういうことも見えてきて、人生勉強になりました。一番実感したのは、優秀=仕事ができる=オーガナイズができるってことなのだなと。でもそういう人は意外と野心がなかったりもして、デザイナーとして名を上げるというと、別の話かもしれないですね。ブリスベン校はちょっと田舎なので野心がない傾向(ワークライフバランスがしっかりしているとも言えますが)もあるかもしれないです。とにかく5時になったら真っ直ぐ家に帰る人で溢れる町ですから。

    卒業の日ですが、当日朝に創設者のデザイナー、アンディ・シリントンさんが学校まで来て、就職面接の形式で審査をします。ポートフォリオを見せてコンセプトの説明などします。それで卒業が決まります。よっぽどでない限りそこで落とされることもないと思うのですが、私にしてみれば、英語の試験のようなものなので、それなりに緊張していました。でも実際は私が日本からわざわざ来たということに興味を惹かれたらしく、作品の質問よりもほとんど東京の話で終わりました。全員の面談が終わった後で一度解散し、夜に家族や友人を招いて、ポートフォリの展示と卒業パーティーがありました。その時に名前を呼ばれて卒業証書を受け取るのですが、私の順番で、証書を受け取る前に私が予想外に泣き始めてしまいまして、もう壇上で自分でも引くほど号泣。美しい泣き方ではなく、声をあげて子供みたいな泣き方だったので、クラスメイトも先生も心配してみんなハグしてくれて、さらに「このクレイジーなコースを第二言語で卒業するなんて凄いよ」とか、口々に褒めてくれるわけです。これでさらに泣く。クラスメイトの家族とかも泣き腫らした目の私を見て、「おめでとう」とか「これからどうするの?」「嬉しい涙よね?」とか心配して聞いてくれるわけで、内心「ていうか誰?」と思いつつも、その優しさにまたさらに泣くという悪循環でした。こりゃ、ちょっとここから離れようと思ってトイレに行って泣きやもうとしていたら、綺麗な女性がまるで私のことを知っている口ぶりで話しかけてきて、話しながら泣きながら「それで誰なの?私会ったことあるっけ?」とか思っていたのですが、「ところで私ジャクソンの母だけど」って言われて泣き止みましたよ。ジャクソンの母!18歳ナイスガイのジャクソンの噂の38歳の母!若い!超きれい!衝撃!ていうか、このあたりは結婚が早いみたいでクラスメイトの女子はほとんど年下ですが、ほとんど既婚!家族が来てるって言っても「夫」だし、そうでなくても彼氏彼女だからね。こりゃ、泣いてる場合じゃなかったわ。ちなみに二次会(ほぼ女子)でも夫達は普通に同伴で普通に馴染んでるんですよ。日本人の感覚だと不思議な感じがしました。
    話がそれましたが、そんな感じでブリスベンは人と人との垣根が低く、とにかくフレンドリーな街でした。ロンドンも日本と比べたら、ものすごくフレンドリーだと思うのですが、さらにフレンドリー。見知らぬ人ともよく喋る。お店でも客から店員にHow are you?と話しかけに行くくらいで普通でした。滞在中は田舎で不便だとも思っていたのですが、すでにブリスベンのフレンドリーさや、溢れる自然が恋しかったり、とてもとても濃い三ヶ月半を過ごせました。


    卒業証書と学校の壁。パートタイムコースの先生が描いたそうです。
    コアラの話はまたおいおい。

    ちょうどコースの真ん中過ぎました、7週目。

    0
      ブリスベン、相変わらず毎日快晴です。



      毎日家を出て、お天気いいなぁと思って、門扉開いてこんな景色を見ると、自然と平和な気分になります。
      7週目終わりました。今週はコンピューターから離れてハンドメイドで作ったものを使ってデザインするという課題がありました。羽や針金でタイプフェイスを作ったり、ケーキを作ったりと、みんないろいろとアイデアを出していて、クラスメイトの撮影を見ているのも楽しかったです。私は自分の経験を生かして、「ロスト・イン・トランスレーション」のポスターを作りました。アイデアを説明するときに先生はうーんって顔をしていて(私の説明力不足です)、「ユウの顔写真撮ればいいじゃん!」と。まぁ、私もハンドメイドといえばハンドメイドですが。
       

      ここにクレジットなどを足すのですが、こんな感じの出来栄えになりました。トレーシングペーパーと切り絵とペン字を重ねてライトアップして撮影したものです。ここまでたどり着くのに試行錯誤しましたが、映画の内容とタイトルとキャッチコピー「Everyone wants to be found.」にぴったりだと満足してます。
      先生がスケジュールの説明をしながら、「来週発表される課題が最後の課題になります。ということはコースは終わりに近づいています。」と言い、クラスに動揺が走っていました。授業内で終わらなかった課題はたまる一方ですし、焦ります。

      6週目、ミッドコースクライシスとか。

      0
        こちらはイースタホリデーで4連休中ですが、宿題が多くて、結局、美術館にも行けず、多少家でぐだぐだしたくらいでした。私の通う学校は三ヶ月コースが年に三回あるのですが、この2月からのコースは祝日が他よりも多く、全部で3日入るのです。ということは他の学期と比べると2日授業数が少ないわけで、この宿題の多さはその帳尻合わせなのではと思っています。ロングホリデーなんて幻じゃないか!と私は憤慨してましたけど、クラスメイトのホリデー写真がフェイスブックに連日アップされています。みんな楽しんでいるみたいです。ちなみに学校のウェブサイトのQ&Aページを改めて読んでいたら、三ヶ月だけど授業数で言うといくつかの他の大学の二年コースと変わらないと書いてありました。ということは今週から二年目か...。

        先週6週目はUX&UI漬けでした。新しいミュージックプレイヤーアプリの案出しからの、アプリデザイン、ウェブデザイン。あぁぁ、紙ものがやりたいヨォォという私の心の叫びを知ってか知らずか、レクチャーで「今時はプリントとかデジタルどちらかだけなんてことはない。連動しているのだから、トータルでデザインするには両方できないといけない。」と先生。ですよねー。白目剥いちゃうな!

        さて、話は変わって、おそらく私、英語がすごいペラペラだと思われていると思うのですが、びっくりするほど通じてないです。ふふ。確かにロンドンに4年いましたけど、後半1年は出張以外は自宅で仕事でほとんど喋らなかったですし(言い訳)。先日も先生に相談しに行ったときのこと。深刻な顔して聞き入っていた先生が口を開いて一言、「ごめん、わからない」。う、嘘でしょ。私、ロンドンに四年住んでたんですけど?隣の席の男子に「これ締め切りいつ?」と聞いてわかってもらえず、「いつまでに終わらせればいいの?」と言い換えて、「その課題は終わらせなくていいんだよ」と課題の説明が始まり、「それはわかってるんだけど、これの締め切りはいつ?」と再度聞いて、男子絶句。最後は筆談ですよ。DEADLINE! と書いて、男子がすごい謝ってくれたのですが、気まずい感じになっちゃいましたよね。こんな時、ボビーなら、デーブスペクターならなんていうんだろう。私、面白外国人枠、取れそうにありません。

        自分で言いますが、学校に通い始めてからここまですごい頑張ってきたのです。それこそ、こんな風に今までも頑張れたなら、人生違ったんじゃないかって、果ては官僚かってくらい頑張ったわけですが、6週目は毎日腹痛、そして、昨日から首痛に悩まされ、あ、無理ってやっぱりたたるんだなって思いました。そして、週の終わりに先生が「シドニー校から生徒の様子を聞かれてね、どこも大変見たい。ミッドコースクライシスがあるのよ。」と。ならば、この腹痛も今だけか。



        クラスメイトでカリグラフィー作家の女性が古いお手本とご主人が釣ったマヒマヒ(イエロードルフィン)を一切れ、それにかけるライムと一緒にくれました!ありがたや〜。

         

        田舎だけど、学ぶことは最先端!

        0
          5週目終わりました!今週からUX(ユーザエクスペリメント)とUI(ユーザインターフェイス)が始まりまして、グループでアプリの開発(と書くと大げさだけど、ごくシンプルなものです)、デザインをやってます。

          ん?そんなことまでやるのか、このコースは!今時のデザイナーは!「三ヶ月でグラフィックデザイナーに」という売り文句、さては本気だな?

          そのグループワークの英語のディスカッションですが、だいぶ慣れてはきたものの、やはりほとんど参加できなくて、英語問題に加えて、なんと私、スマートフォン持ったことないんです!!それを伝えたら、「え、あなたの携帯何ができるの!?」って驚かれました。携帯とショートメッセージ、以上です。東京でだって、道に迷ったら、お店に電話をかけて、住所を聞いて、カバンからさっと地図帳を取り出す女ですよ。スマート私!道はだいぶ迷いますけどね。だって、スマフォって高いじゃないですか〜。こちらでも、イギリス時代の前時代的携帯のSIMを入れ替えてプリペイドの契約をしたら、10豪ドル(キャンペーン中だったので、本来は30ドル)で三ヶ月は余裕で持ちそうです!すごい!でも、三ヶ月でグラフィックデザイナーになろうと思ったら、スマフォなしでは時代についていけないどころか、授業についていけないんですね。いつまでもこんな生き方できないんですね。買おうかな。どうしようかな。母のお古のipadは持っているので(ただしwifi環境があれば)、明日起きたら、それがコンパクトになっていればいいのですが。

          今日の驚いたことですが、オーストラリアの銀行は利子が毎月3%つくということ!!とはいえ本来、口座維持手数料が毎月4ドル程かかるみたいなので、日本と比べて得かどうかはわかりませんが。学生は無料なので、留学生はまとまった金額をこちらの口座に入れておく方が多少節約になるかもしれないですね。口座を開けるときも、待ち時間にカプチーノを出してくれたり、対応もホテルマンのようにすごく良くて驚きました!イギリス銀行員の適当さとは大違い(イギリスで口座を開けた時の話はこちらです。 http://royal.shichiji.com/?eid=130)。ちなみにイギリスの一番グレードの低い口座は維持費は無料ですが、利子もつきませんし、人によっては必要のない毎月8ポンド(170円換算で1400円位)の手数料がかかる口座に勝手にされていたりします。

          さて、来週末はイースターホリデーで4連休なので、体力の回復とまとめて復習ができるといいなと思います。余裕があれば、美術館も行きたいです。学校、家、スーパー、図書館しか行かないので、先日シェアメイトの日本人大学生と話をしていたら「全然ブリスベンのこと知らないんですね」って言われました。ブリスベンにはダイソーがあるらしいですよ!

           最寄りの駅は無人駅。街中まで20分もかからずつきますが、ラッシュ時以外は30分に1本です。先日、帰りが遅くなった時は21時から工事で線路封鎖だったらしく、代替バスが出ていました。焦りました。


          学校の近くのセントラル駅。

          暖かさとギスギスの4週目。

          0
            ついに4週目を終えて、一ヶ月が経ちました!!
            今週はプレゼンが多く、英語力のなさを痛感する日々です。喋れない=中身がないと思われる、この現状がもどかしいですが、クラスメイトに助けてもらっています。あるプレゼンでは睡眠不足のせいもあって、思っていた以上に緊張してしまって、若干震えながら、やっていたのですけど、私の説明不足を先生が質問する形で補ってくれていたのです。なのですが、ただでさえいっぱいいっぱいなところで突然言われるので、何言ってるのかわからず、私はきょとんとしてしまうわけで、そこを他のクラスメイトが答えてくたり、私が資料を出しながら、コンセプトやら販売対象やらを説明していると、他の生徒の時は比較的みんな黙って聞いていたのに、私の時だけ、「それいいね」とか合いの手を入れてくれるわけです。プレゼンというより、ディスカッションになっていて、私は何言ってるかわからないのできょとんとしてしまうんですけど、本当に助かりました。若者よ、優しいな!一番若い男の子は17歳ですよ!高校卒業したばかりで、高校でビジネスを学んだから、ここで三ヶ月学んで就職しようかなってことらしいです。しっかりしてるなぁ。

            今週は個別面談もあって、先生が優しく「わからなければ、いつでも授業とめていいんだからね」と。いや、レクチャーになるとそんな雰囲気ではないですよね、って内心思いながら、それでも質問しやすくなりました。

            と、ここまでが明るい面。授業の過酷さは増していて、先週の早い段階でアメリカから来ていた女性が既に辞めていたことが判明し、トイレがやたら混んでると思ったら、中でどうやら誰か泣いていたらしく、先生に怒る人もいるし、先生も金曜日には「今週は大変で、あなたたちが何回私たちのことを嫌いと思ったか知らないけど、よく頑張りました」とか言っていて、さらに混沌としてきました。周りの生徒が言うには先生は私には甘いらしく(留学生は私だけなので)、そのクレームを私に言われるという、私、とんだとばっちり!!私の目にはそれでも先生は冷たく見えてましたけどね。でも、若い子達は苦もなくやっているから、順応性高いなぁなんて他人事のように思って見ています。クラスはジョブチェンジしたい20代後半が多いと思うのですが、幅広く50代までいるので、落ち着いた雰囲気であるのは30代にはありがたいです。


            図書館からの帰り道、夜になると何かでるんですよね。猿のようなネズミのような、リスのような。

             

            乗り越えても乗り越えても。

            0
              ブリスベン、今年は猛暑らしいです。日本の夏に比べたら本っ当になんてことはないのですけども、オージーは暑いのが嫌いだからといって、建物の中はどこも冷房がガンガンに効かせているので、逆に体が芯から冷えるんです。アングロサクソン系の皮膚は一体どうなってるんだと思っていたら、オフィスでは女性がブランケットかけたり、ヒーターつけたりしているらしいですよ。やっぱり無理してたのね。

              ということで、文字組の講義から始まった三週目の月曜日。もちろん、文字組の基礎を学ぶと同時にインデザインで実際にやりながらです。月曜日の朝のちょっと腑抜けてるところにすごい速度で専門的なことを説明されて、これはいよいよダメだわ、難しすぎる、みんななんでできてるの、それがネイティブの実力なの、って午前の授業だけで絶望してたのですが、どうやら、みんな不安を覚えていたようで、ストレスがすごいと口々に言っていました。午後、具合が悪くなって休んでいる人までいて、申し訳ないけど、また私だけじゃないと、安堵してしまいました。余談ですが、授業のエクササイズで1ページ分のテキストをレイアウトしたものを先生がチェックしてくれたのですが、ハイフンの使い方が間違っていると(ハイフンって三種類あるってご存知でした?)指摘され、「おいおい、用意されて配置しただけのテキストでハイフンが間違ってるとか、なんで引っ掛けるのさ!ハイフンの長短の見分けは私にはわからんよ!そこは校閲さんにお任せしたい!」とは言えませんでした。

              今週は二人いる先生のうち、一人がメルボルン校へ行き、代わりにシドニー校から先生がくるという、謎の交換授業もありました。シドニー校の先生が醸し出す癒しの雰囲気、そして授業の進行がゆったりとしていて、課題もスクリーンに映し出しながら和やかに行われました。え、もしかしてだけど、まさか、ブリスベン校だけ、厳しいのでは、という思いが頭をよぎります。我らがブリスベンの先生二人は二人とも大きいデザイン会社から小さいデザイン会社に移った後、独立したという女性二人です。作るものも格好良くて、センスが凄まじく良いのですが、まさに「出来る女」なので、時に冷酷なほどサバサバしていて、リアルに職場の先輩のような感じなのです。でも、出来る人に食らいついていくのが上達の最短の道のりですから、良い先生だと思っています。私の「イラストを使ってデザインができるようになりたい」という希望も覚えてくれていて、この課題はイラストを使うべきだとか、的確に指示もくれます。

              そして、私の疑惑を裏付けるように、今週の最後にシドニーとメルボルンの生徒が作った同じ課題の作品を先生が見せてくれたのですが、まさかのレベルの低さ(というか二週目での課題の精一杯感)。周りのレベルが高くて落ち込んでいた課題なのですが、まさかの、第三の都市ブリスベンだけ圧倒的にレベルが高いという事実に、もはや、安心していいのか、どうかもわかりません。やはり結果を出す人なのね、先生。

              4週目から、大きめの課題が始まります。今週の最後の課題ではYou are on the right truck. (正しい道辿ってるぜ的な?)と言ってもらったので、なんとか乗り越えたいです。宿題が山のようで、既に胃が締め付けられていますけども。授業以外の作業時間は7時間確保すればいいって言ったじゃないですか!


              コアラ、横断注意の標識。保護区域にしかいないものだと思っていたら、カンガルーもコアラも普通に生息しているとのこと!クラスメイトが乗せてくれた車内で、標識を撮りたいと言ったら、「こっちは見慣れてるのにねー」と、笑いながら減速してくれました。

              五郎丸選手を追い求めて(嘘だけど)

              0
                第二週目、無事にか分かりませんが、終えました。ものすごい勢いで詰め込まれていて、本当に何が何だかわからないまま一週間が過ぎました。さすが、おそらく1年、2年かけて学ぶであろうことを最低限にして三ヶ月に詰め込ませるだけはあります。そんなに一度に専門用語もソフトの使い方も覚えられません!!どん!!なんて言えたらいいのにな。木曜日位から疲れすぎて、日本語を話し始めてました。先生「Do you have it?」私「Yes, 持ってます」先生「Good」。伝わってる!!(Yesとは言ってますけど。)

                そうかと思うと、こんないかにも学生がやりそうな宿題も出されたりして。

                 

                #typeinthings #shillobri #thiscreativelife

                Yu Shichijiさん(@yushichiji)が投稿した写真 -


                街中でタイポグラフィーを見つけよう、的な。最低5個のアルファベットをインスタグラムに投稿すればよかったのですが、性格上、全部揃えてしまいました。(一気に投稿したら、もともと少ないフォロワーがさらに減りました。すみません。)簡単な宿題だけ本気出す。学校はSNSも使っていこう、という考えなので、こうしてインスタグラムに各々投稿して、みんなで授業中に見るんですよ。

                あまりに疲れたので、ブリスベンのチームに所属しているという五郎丸選手の姿を街中で探し求めていたのですが、今週はシドニーで試合だったことを知り、さらに疲れました。

                 

                明日のデモクラシーは何だろうな。

                0
                  私、なんとか学校に通っています。もう1日目にして、これはドロップアウトになるなと覚悟しましたが、なんとか一週間を乗り切ったので、このまま卒業まで頑張りたいです。明日の学校を思うと、すでに胃がぐーっと締まる感じがしますが。三ヶ月の超短期集中コースなのでとにかく授業の進みが早く、使うボキャブラリーが生き生きしすぎて、さっぱりです。

                  悲しいことに、課題が口頭で発表なんです。すぐに使えるデザイナーを育てる学校なので、実践の場を再現ということなんだと思います。クライアントはどこどこで、こういうバックグラウンドの企業で、こういう要望で、サイズ、フォントはこれこれです、はい質問は?はい、始め!みたいなことを凄まじい早さで言われます。もう私の胃が縮み上がる、縮み上がる。

                  「デモグラフィーはシリコンバレーギークスです」と言われて、デモクラシー?政治の話かな?シリコンバレーは太平洋ベルトの親戚だっけ?ギークは野郎共みたいな感じ?みたいなことを考えていると、あっという間に話は進んでいて、もうついていけなくなります。正解は「販売対象はIT企業のITオタク達」でした。別の課題で音楽ライブのポスター(音楽のジャンルは自由)を作るというグループワークで、私のグループではテーマを「ボーホートピア」にしよう!それ、いい!と盛り上がっていました。聞けない、この盛り上がりの中、ボーホートピアって何ですかと、聞けない。結果、聞きましたけど。ボーホーはボヘミアンとソーホーから来る造語らしいです。これが1日目のことでした。

                  二日目に、アメリカから来たクラスメイトが先生が教えた通りにソフトが使えないと泣いていて、(ちなみにソフトの使い方の説明も超早い上に、先生は厳しいです。)別の子が「このかわいそうな第二言語のユウを見て」と励ましていました。何という励まし方。とはいえ、ネイティブも辛いなら尚更辛くて当たり前じゃないか、とちょっと安心したのでした。

                  話は変わって、デザイナーにおけるSNSの使い方まで教えてくれましたが、ポジティブに!だそうです。クライアントは見ていますからね、と。それでも私はこの私的なネガティブブログを投稿し続けますが、果たして、私は立派なクリエイターになれるのでしょうか。


                  隣の家が建設中なのですが、6:30からカンカン音をたてて工事をしていました。オーストラリア人の朝は早い。

                  ブリスベンに着きました

                  0
                    ブリスベンに到着して早一週間。日曜日に無事に新居に越すことができ、ある程度、落ち着いてきました。後は銀行の口座を開くのと、学校からの入学前の課題の動画と読み物を済ませて、確定申告を済ませば、来週からの学校を待つのみとなります。ブリスベンはオーストラリア第三の都市らしいのですが、思いの外、田舎であることに若干の戸惑いを感じております。みんな、短パンにタンクトップかTシャツだし。デザインの学校がある位だから、生活できるはずと信じて来週を待っています。

                    さて、振り返って、行きの便はカンタス航空、22時羽田発シドニー乗り換えで来ました。真ん中四人掛けの通路側に座っていたのですが、その四人掛けの真ん中に座る北海道にスキー旅行に行っていたオーストラリアのおじさん二人組みに話しかけられ、事情を話すことに。ブリスベンに行くのだというと、「成田から直通でてるの知らないの!?」と驚かれまして、何か、重大な間違いでも犯してるのかと思ってひやひや。「知ってるけど、こっちが安かったから、こっちにした。けど、シドニー乗り換えが面倒くさそうで、すごい後悔しているから、言わないでほしい、今さら言われても乗っちゃってるし。」という言葉は言わないでおいて、「チケット、手に入らなかったんだよ」と端折ってお答え。オーストラリアは初めてで、友達もいないと話すと、「ラッキーだね。もう友達二人できたね。なんでも聞いて!」と陽気なおじさん二人。陽気すぎて、何かを聞ける雰囲気にはないし、トイレに行く時は私の上をジャンプで超えていくし、訛りなのかほとんど聞き取れない。オーストラリア人のテンションに不安になるばかりでした。

                    飛行機に乗った話だけで終わっちゃいました。次回、乗り換え編へ。



                    ずっとスコールが連続するような降ったり止んだりの雨模様だったのですが、昨日からいいお天気に!

                     

                    1

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    << September 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • そして、オーストラリア編へ。
                      スー
                    • そして、オーストラリア編へ。
                      ゆか
                    • 日本に戻りました。
                      ゆか
                    • 日本に戻りました。
                      すー
                    • 日本に戻りました。
                      ゆか
                    • あのエリックの個展!
                      すー
                    • あのエリックの個展!
                      ゆか
                    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                      しちじゆう
                    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                      Maki
                    • 今日も演歌な一日でした。
                      すーしちじ

                    recommend

                    recommend

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM