私がオーストラリアへ行く理由

0
    年始早々語りますけども、私がどこかに行く決断をするときの燃料は大概、負のエネルギーです。ロンドンに行った時もそう。以前にも書いたかもしれませんが、ある人にものすごく怒られまして、仕事関係でも家族でも友人でも恋人でもない人。どうで もいい人にどうでもいいことで(本当に誰に話しても、何でその人がそんなに怒るのかわからないという話)ものすごく怒られて、それがすごくショックで、そ んなことにショックを受けている自分がショックで、深夜にアスファルトを見つめながら、「そうだ、ロンドン行こう」になってしまったわけです。もちろん自分なりの大義名分はいろいろあって、そもそも仕事への行き詰まりを感じていたこと、外国暮らしがかねてからの夢だったという背景があってのことなのです が、決断をさせたのはその事件でした。

    さて、今回は何があったかというと、2年以上かけて誠心誠意やっていたプロジェクトがポシャるとい う、前回に比べると、結構深刻な事態でした。それはお金と時間をすごく費やして、本当に熱意だけでやっていたことでした。話が遡るのですが、最初に渡英した時、3.11の震災後10日で日本を離れることになり、決まっていたこととはいえ、そのことに後ろめたさを感じずにはいられず、自分なりにこの時期にロ ンドンに来た理由を見つけたいと思っていました。イラストレーターの端くれにすぎないのに、おごった考えだと今は思うのですが、イラストレーターとして社会にもっと違うアプローチができるのではとも考えていました。そして現地でボランティア活動に参加をしながら、そこで得たことをある方に報告していたところ、一時帰国の時にあるプロジェクトに声をかけてもらいました。それに参加することが震災、渡英以降、考えてきた自身のライフワークなのだと思いました。何があったかは端折ります。このプロジェクトが潰れたことで、私が試行錯誤して作り出した、大量の作品も公開される機会を失ってしまいまし た。それこそ、このためにウエイトレスもして、大げさではなく身を削る思いでやっていましたから、最終的に罵倒されて終わると言う超展開に唖然としたものです。何よりも、これを必要とする人がいると信じて、その人の元へ届けたいと思っていましたから、結果として届かないことが悔しいばかりです。

    これが起きたのが帰国する数ヶ月前。で、私の精神状態は推して知るべしなのですが(別の部屋からアザーンが聞こえてきた時、ついに私も幻聴が聞こえるようになったと本気で心配したものです。)、その時にパソコンの画面に出ていた学校の広告が「三ヶ月でグラフィックデザイナーになれる」。以前に検索したからか、度々画面に表示されてきた広告で、ずっと、胡散臭いと思っていたのに、その時はその広告に乗ってしまおうと思ってしまったのでした(もちろん、後からちゃんと卒業生のレビューも調べましたし、ロンドン校の説明会も行きましたよ!)デザイナーになりたいわけではないのですが、仕事をする上でパソコンのスキルをブラッシュアップさせたいと思っていたことを件のプロジェクトで忙しくて忘れておりましたし、不完全燃焼で終わってしまった悔しい気持ちのやりどころは、何かをやり遂げることで補えるように思ったのでした。あと、まぁ、電子書籍デザインのいろはも教えてくれるみたいなので、これからに備えて、そんなところも補完しておきたいという大義名分もやっぱりあるんですけどね。ということで、一番早いタイミングでこの時期の留学になりました。

    遠くへ逃げても楽にならない、私は私だから。と、16,7歳のヒッキーが「wait and see」の中で歌っておられたけども、ねぇヒッキー、32歳になってもその境地に辿り着けないよ、私。

    そして私は癒しを求めて、ロンドンブディストセンターに。それはまた別の話。

     

    そして、オーストラリア編へ。

    0
      新年、あけましておめでとうございます。
      更新します、と言いながら更新しないブログですが、鮮度を失いつつも、本年もロンドン情報を引っ張って、お届けできたらと思います。と言っても、2月からはオーストラリアに三ヶ月ほど滞在する予定なので、しばらくはオーストラリアの話がメインになりそうです。

      さて、なぜオーストラリアに行くのかと言うと、単純に留学です。選んだ理由は物価と学費がロンドンに比べて、断然に安く済むから。行きたい学校はロンドンやニューヨークにもキャンパスがあったのですが、オーストラリアにすると、半額以下だったのです。打算。観光にしても、ヨーロッパ以外あまり興味がなかったので、自分でも意外に思っていますが、思いがけないところに行く面白さにワクワクしています。オーストラリアって日本と時差がほぼないんですよ!で、地図を見たら、ほとんど真下!漠然と右下だと思っていました。私が知らなさすぎますかね。

      日本に戻ってきたばかりで、仕事関係の方にも少しづつ挨拶などもしてまたお仕事をいただき始めたところで、また日本を不在にするのは心も懐も苦しいのですが(どちらかといえば懐の方)、フーテンっぷりはこれを最後に、戻ってきたら、腰を落ち着けて日本で頑張りたいと思います。


      住んでいた家から図書館へ向かう道中のパットニー駅近くの橋から見える景色ですが、塀が高くて、背伸びをしないと線路は見えません。写真を撮っていたら、通りがかりの子供が「僕も見たい〜」とおばあちゃんに頼んで、ダメよーと言われていました。子供には見えない景色があるんだよ、坊や。それは人生という名の旅の路線さ。

      次回、オーストラリアに行くことになった経緯をお話しさせていただきます。
       

      今日も演歌な一日でした。

      0
        スタジオに私以外イギリス人しかいないときに、何かの話で盛り上がっていて、こっそりと付けてるイヤフォンの音量下げるけど、その会話が全く聴き取れなくて、もういいやって作業に集中してるフリを決め込んでるとき、いつもより動きがぎこちなくなってる自分が情けなくて、すごく日本に帰りたくなります。

        しかしこの感じは、誰かの個展のオープニングパーティーに行って、回りはなんか盛り上がってるのに、どうしたらいいか分からなくて、もう十分に見た絵をもう一周感慨深く見てるフリしてやり過ごすとき、こんなことなら、家で仕事してればよかったって、何やってるんだろう自分って思って、家に帰りたくなる気分と全く同じなので、突き詰めると埼玉から出ないのが正解なんです。

        そんなわけにもいかないので、聴いてる曲をまたこっそりと「くるり」(ベタに「ワンダーフォーゲル」辺りで)とかに変えて、今の私はちょっと乙な日本映画の一場面にいると思い込んで、やっぱりやり過ごすのが今のところの解決法です。これが演歌なら、死んでしまおうとか、死にたいわとか、あなた死んでもいいですか、とか、すぐ死にたがるので要注意です。でも演歌聴いても、この重たく湿っぽい「死にたい」三段活用が君たちに英語で表現できるのか、と内心でキレてればいいですよね。いやまぁネイティブなら出来るんでしょうけども。



        日本語が話せます。私も。



         

        これ食べ終わったら更新しよう、明日から更新しよう

        0
          3つのブログのどれかを毎日更新、というチャレンジを3ヶ月坊主で終らせたのですが、終らせた途端、アクセス数が上がりました…。あれですかね、意味有りげなブログの後に突如更新が途絶えたので、何かあったんじゃないかと、やっぱりダイイングメッセージがブログのどこかに隠されてるんじゃないかと思われてますかね。

          特に変わりのない一ヶ月でしたが、前回日系美容院で「剛力彩芽にしてください。」と言ったら、「分かりません」ということだったので、今回は「滝川クリステルにしてください。」と言ったら、「最近のですか?」と困った顔をされました。「おもてなし」とやらは、やっぱり日本だけのブームだったんですよ…。ロンドン在住の日本人にも届いてない…。

          さて、日本人をかくまうロンドンの母こと、元大家さんが、元フラットメイトの子の誕生会に招待してくれました。なんだか、すごく身体を心配してくれて、たんまり食べさせていただきました。ご近所のエリックもお腹が空いたら電話するように言ってくれて、どれだけ、お腹が空いてる子と思われてるんだろう…。

          あぁ、美味しそう!二切れ食べたけど。

          我が輩は31である。自覚はまだない。

          0
            最初にイギリスに来てから、今月で丸3年、4年目に入ってました。びっくり!でも、その間ビザ更新などのための帰国で、まとめると8〜9ヶ月位は日本にいたので、まだ滞在歴2年3〜4ヶ月という計算にして大目に見てもらおう。うん、そうしよう!

            結局、学位も何も取らずじまいになりそうですが、せっかくワーホリ(YMS)のビザが取れたので、学びたいことをショートコースで取りながら働くというスタイルが金銭的なことも含めて、私には合っている気がします。

            イギリスに来る前、とある奨学金にも申し込みはしたのですが、断られた上、審査員である大御所グラフィックデザイナーさんからいただいたコメントが「不安になる気持はわかるけど、万人ウケする絵だから、留学しなくても旅行して息抜きしながら続ければいいんじゃないの」でした。全く私の意思が伝わっていなくて、説得する言葉も納得させられる技術も持っていない自分がとても情けなく悔しく、そして、人にお金を出してもらうことをお願いするってこういうことなんだなぁと改めて実感した出来事でした。嫌な言い方になってしまいますが…。

            仕事自体、日本にいたときと比べるとかなり減らしていて、不安がないと言えば嘘になりますし、やせ我慢のような日々ですが、実のあるイギリス滞在にするべく、もうしばらく頑張りたいと思います。変わらずにおつき合いいただき応援して下さる皆様や、新たにお声をかけてくださる方々に恵まれ、本当にありがたいばかりです。というようなことを母に話したら、下着を日本から送って来てくれましたが、そういうことではないです!下着は買えてますし、ちゃんと毎日替えてます。

            ということで、初心を忘れずに4年目も(正しくは2年4ヶ月目ということで…)よろしくお願い致します。フリーでイラストレーターとしてお仕事を始めてから、今年で12年目なんですよねぇ。その割に玄人っぽさがない…。


            写真じゃ伝わりづらいですが、玄人っぽ過ぎて、入りづらい近所のチャリティーブックショップ。ちょっと片付けようよ!

            そう、私はあえて素人っぽさを出して間口を広く見せる、という高等テクニックを使っていたということです。ちょっと自分でよく分からないです。

            私、引きこもってファストファッションを考える

            0
              ロンドンでファストファッションというと、Primark(プライマーク)が有名どころで、オックスフォードストリートだけで3カ所もお店があります。こちらに来た当時は円高でしたし、こりゃ安い!ってことで何度か買い物をしましたが、結局安かろう悪かろうで、すぐにだめになってしまうし、どの時間帯も人で溢れかえっていて、床に物が散乱したお店に耐えられなくて、行かなくなりました。ちょっとしたお土産やエコバッグとか買う分には、かわいいものが多くておすすめですけどね!

              ファストファッションでもというか、だからこそというべきなのか、サイトを覗くと、いかにエシカル(道徳的)な企業であるかというアピールはしっかりしていて、労働者へのサポートやら、環境問題への取り組みについて細かく書かれています( http://www.primark-ethicaltrading.co.uk/ )。そういうところがイギリスらしいというか、日本のブランドではまだ広まっていない傾向なのではないかなと思います。しかしあの低価格で、本当にここまで配慮ができるのか疑問ではありますが…。
              余談ですが、何年前かも思い出せませんが、マーマーマガジン1号のカバーを書かせていただいた時は「エシカルファッション」を説明してもらっても「なにその横文字?」という感じでよく理解できないままでした…。

              フェアトレードを売りにしたファッションブランドの先駆けといえる存在のピープルツリーもイギリス人女性が東京とロンドンをベースにはじめたブランドですが、ピープルツリーとコラボしていたエマ・ワトソンがファストファッションを着ている人を批判したとかという話題も何年か前にありましたね(2ちゃんねるのまとめサイトみたいので見ました…。)。ちなみに最近日本から撤退してしまったみたいですが、アイルランドのブランド、オーラカイリーはピープルツリーともユニクロともコラボしていて、両極端だなぁと思ったりします。オーラカイリーがユニクロ価格で変えちゃうだなんて!ってことで興奮しましたけど。

              他のファストファッションはどうだろうと思ったら、H&Mにもサスティナビリティ(持続可能性)についてのページがありました。
              http://about.hm.com/en/About/Sustainability.html

              ということで、いろんな問題でエマ・ワトソンになれない私はH&Mのセールで3ポンドくらいで買ったバッグを二年程使い続けた後、壊れたので、カバンから型紙をとって、革で一から作り直しました。二日くらいかかったかな。「買った方が安くない?」という悪魔の囁きをふりきり、ファストファッションも着るけど、真逆もいくのでした…。





              我ながら、この仕上がりが上手過ぎてほれぼれ。そしてこの写真を見せたいがためのこの長文…。

              さぁさぁ第二幕。

              0
                さぁて、もうすぐロンドンに戻ります。

                YMSのビザ(通称ワーキングホリデー)、毎年抽選で倍率も高いのですが、これが運良く当たりましたので2年滞在、労働もできます。大家さんにビザがとれたことを話したら、「ロンドンでのボランティア活動が認められたのねー!」と嬉しそうに言われたので、「う、うん」ってそういうことにしました。単なる「厳正なる抽選の結果」だなんて言えません。

                と、大家さんに報告したように、「冒険しない女」こと私はもともと暮らしていたお宅に戻ります。今後もマズウェルヒルのゆかいなアラウンド古希の皆さんに囲まれての生活です。お部屋を借りたいことを伝えたら、ものすごく喜んでくれまして、「早速家に着いたらみんなでディナーだよ」とのお誘い。夕方に空港に着いて、長時間フライト後の時差ボケのまま、あのボリュームのお食事…そして0時近くまで続く宴会!嬉しいけど、今から脂汗でる〜。30歳だから〜。もう29歳じゃないから〜。フライト後、すぐ寝ちゃいたいから〜。

                シャイで人見知りな引きこもりが「よく外国で暮らそうと思うよね」なんて言われますが、場所を変えて、シャイで人見知りなまま、引きこもってるわけです。(リアクションだけは日本にいるときより大きめに気をつけてますよ。)ほとんどの仕事をやりかけのまま日本を離れ(本当にごめんなさい)、何をするかというと、無計画!ただひたすら、日本から持って行く仕事を無事に終えられたら、と願うばかりです。なんで、それをわざわざロンドンでやるのか、仕事をなめているのか、というご指摘はご遠慮いただいて、とりあえず、第二幕、開演しまーす。ちーす。

                今後もお仕事のご報告等はきんどこブログで。
                どこかの近代美術館


                3月に日本に帰る際、4時だか5時位の早朝の出発だったのですが、エリックがお見送りに来てくれました。今思うと、ウルルン滞在記的な感動の場面ですが、運ぶ荷物が多過ぎて、それどころじゃなかったです。そして、この光る何かをくれました。そのひと月前の誕生日には色が変わる卵型ライトをくれまして…なんだろう。ドラゴンボールなのかな。七つ集めると龍がでてくるんだろうか…。

                Noと言えなくて

                0
                  私の英語力がのびない理由は会話を全部Yesで終らせようとするからだと、気がついてはいるんです。でも、日本語でもYESマンなんだから、どうしようもなくないかなぁと思って諦めてたりもします。

                  先日、いつもの日系美容院にて、普通のショートカットをオーダーし、最後の仕上げで鏡で後ろ姿を確認するときに、襟足の両端だけを長く残されいる姿がうつされて、「え」って思って、つい顔にだしたら、「両端長くしてみました〜どうですか?」と明るく言われて、一瞬迷ったけど「あ、いいですね」って言っちゃって、あぁ日本語でこれじゃ、英語で言いたいことも言えないわけだと思いました。家で自分で切りました。

                  でも、道で見知らぬエジプト人に「結婚してください」って言われたときは、笑みを浮かべて「No」って言えたし、夜道で泥酔したおじいさんに「なんでそんなに美しいんだ!」って言われたときもニタニタしながら「No」って言えた。

                  やばそうなときだけ、NOと言えればそれでいいじゃないか。日本人だもの。


                  さもなきゃ、木にでも書いておけ。


                  食う、寝る、食べる!遊ばない!!

                  0
                     食う、寝る、食べることが好きで、ちょっと気を抜くと、部屋からでずにネットばかりして日本の芸能ゴシップばかり収集してしまう私が、フリーランスで暮らしていけるほどお仕事をいただけて、ロンドンまで来られて、奇跡だなぁとときどき思うわけです。学校の課題ばかりやってると、正直、お金にもならないのに何でこんなことしてるんだっけ?、という本末転倒な考えがしょっちゅう頭をよぎって挫折しそうになったり、クラスメイトが締め切りに間に合わない〜!って言ってるのを横目に、死ぬ訳じゃあるまいしいいじゃん、って口には出さないけど、私は焦る気持ちすらわかず、その度に、なんていう人間なんだろう、と思って反省して、でも結局のとこ、限りなくニートになりそうな人間性の私がここまでやってるんだから大したもんだ、で落ちついしまって反省が身に付きません…。

                    その上、今日はプレゼンも上手くできなくて、そもそもリサーチの段階でずれてるみたいで、先生困った顔してたし、あれ、もしかして私はけっこう頭が悪いのかもって今更気がついたような気になって、高いのを無理して買ったのにまずかったオリーブを床にぶちまけたし、ラッシュの時間の電車(埼京線とは比較にもならない程度だけど)で、他人の肘が頭にガン!ってのを二回もくらったし、学食のランチがハズレだったし、間接照明のせいで視力がどんどん落ちてる気がするし、血液型と星座と干支が鳩山由紀夫氏と一緒だし、前世は日本を目指して渡航中に船が座礁して海に投げ出されたあげくクジラに食べられて死んだに違いないし、そんなもんもんとした気分で過ごしていたので、久しぶりに今週末は出かけようかな〜、なんて思ってたんですが、パリに行く予定なのを忘れてました。(句点まで一気に読んでね。)母が草木染の展示をパリでしているので搬出の手伝いも兼ねて行ってきます。でも、パリって行くとへこむんですよね…。パリ症候群は日本人だけみたいに言われてますが、パリはちょっと…、っていう意見は日本人以外からも聞きますよ。イギリス人はパリが好きな人が多い印象ですが、パリから越して来たフランス人の友達もパリはロンドンみたいに人が明るくないし、臭いしね、とか言ってました。ここまで失礼なこと書いといてなんですが、でも楽しみです!建物が大きいし、パンが美味しいし!!わー大きいなーって建物探訪するだけで楽しいです。

                    ちょっと息抜きしたら、人の迷惑にならないように(あわよくば人様のお役に立てるように)これからも頑張ります!


                    疲れた心に、消しゴムカバーの角を削り落としている日本製品の優しさが染み渡ります。角のとこから消しゴムが痛んじゃうからですよね。だからってわざわざ切り落としておいてくれる、この細かい心遣い、その実行力!!!文房具は、使い勝手のいいものを買おうとすると日本製品を高く買うことになるので(そもそもの文房具の日本製の割合が高い)、渡英される際は予備も準備されることをお勧めします。最初に行ってた語学学校の教材に買い物依存症の人のインタビュー(フィクション)がのってたのですが、文房具に夢中で東京に行っては大量に買ってしまうっていう内容でした。だろうね。

                    私、日本で今日も語る。

                    0
                       例えば、7年前に売り込みにいった大好きな出版社のリトルモアにて、その場でフリーペーパーの占いページの単発のお仕事をいただいて、それを見たデザイナーさんから読売新聞社のムック本まるまる一冊のお仕事がきて、それを見た小学館の編集者さんから雑誌連載のお仕事がきて、それは留学の直前まで長いこと続けさせていただいて、仕事は全てそんな風に広がって、わらしべ長者のように、だけどコツコツとお仕事をいただいてきました。

                      リトルモアのお仕事をもらったころ、青山塾の恩師の1人、舟橋全二先生からのお手紙に「どんなに小さな仕事でも一生懸命にやれば誰かが見てくれます。」とあって、気を引き締めてかかったのだけど、本当にその通りで、真剣に取り組んだ分だけ答えくれる、それを実感して、そうやって積み重ねた約10年でした。30を手前にして、尊敬できるクリエーターや編集者さんが回りにいてくださって(しかも身勝手に留学してるのに笑って応援してくれる)、今また、大切な一冊からつながって目の前に今までにない仕事の世界が開いていて、一流の人達に囲まれてドキドキしつつ、ちゃんと胸をはってご報告できるように気を引き締めているところです。仕事は正直(とくにフリーランスには)。力を入れれば入れる程反響があり、その反対も然り。

                      仕事に邁進した日本滞在もあと一週間。仕事の量がとんでもないことになっていて、動悸が激しいし、ロンドンに戻るのもちょっと面倒な位の気分なのですが、今日が人生で一番幸せで明日はもっと幸せだろうなと思う毎日です。という体で、仕事に追われるとそんな気分にはならないですが、実際。

                      留学すると感傷的になる乙女心と秋の空でした。ロンドンでの日々のことはまた追々。


                      いつもヨイショして誉め育ててくれる友人にも感謝をこめて。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • そして、オーストラリア編へ。
                        スー
                      • そして、オーストラリア編へ。
                        ゆか
                      • 日本に戻りました。
                        ゆか
                      • 日本に戻りました。
                        すー
                      • 日本に戻りました。
                        ゆか
                      • あのエリックの個展!
                        すー
                      • あのエリックの個展!
                        ゆか
                      • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                        しちじゆう
                      • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                        Maki
                      • 今日も演歌な一日でした。
                        すーしちじ

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM