アングレーム国際漫画祭にて その4

0
    アングレーム国際漫画祭の記憶もかなり薄れてきましたが、今更現地レポートを…。

    大好評のシリーズ1〜3はこちらから。
    その1
    http://royal.shichiji.com/?eid=206
    その2
    http://royal.shichiji.com/?eid=207
    その3
    http://royal.shichiji.com/?eid=209

    さて、まずは手に入れたフリーペーパーの紹介です。

    こちらはホテルに置いてあったフリーペーパー。今回は谷口ジロー氏の展覧会が開かれているということで、あちこちに谷口氏の記事がのったフリーペーパーやポスターがありました。



    そして、今年のアングレーム国際漫画祭最優秀賞は大友克洋氏であったわけですが、発表翌日の地元紙に絵が載っていて、おぉ〜と思って手に取ったら…、



    風刺画でした。うまく作風つかんでいる気はするけども、残念ですが、またしても全部フランス語なので、内容はわからず…。読めない風刺画なんて…。

    ということで、風刺画の話になりましたが、今回はパリのシャルリー・エブド襲撃後の漫画祭ということで、やはり例年より警備は厳しかったようです。私は関係者入り口で入れたのですが、どのブースも一般入場はセキュリティーチェックで長い列になっていました。

    漫画祭期間中の土曜日に、街の広場の名前が「シャルリー広場」に変更するというイベントもありました。


    左上に見えるのがシャルリー広場のプレート。この時は名前の変更直後だったので、警察官やマスコミの人などであふれかえっていました。



    アジア担当の責任者の方にいただいたバッヂ。「Je suis Cherlie」の看板を持つアングレーム漫画祭のキャラクター。

    話はまたそれますが、同行してくださったフランス人通訳の方が仰るにはアングレーム国際漫画祭は少し気取ったというか、知的富裕層ウケのいいものだそうです。フランス人からすると、いわゆる流行のMangaのような子どもっぽいものとは別物という考え方だそうです。たしかに日本的なコスプレをしている人は1人位しか見かけなかったのですが、それも珍しいということでした。

    今回漫画祭の間同行してくださったこのイケメン通訳さん、さすが日本の漫画にも精通していて、どんな漫画が好きなの?とかいろいろ話をふってくれたわけですが、私、偉そうにアングレーム国際漫画祭に参加させてもらっておいてお恥ずかい話なのですが、漫画、ほとんど読まないんですよね…。私より漫画に詳しいフランス人通訳さんと話しているとボロが出るので、立つ瀬なしでした。

    アングレーム国際漫画祭にて その3

    0
      何となくここ最近、ブログの波がやってきたので、このビッグウェーブに乗ってこうということで、確定申告もイラストもいったん置いておいて、今日も元気にブログ更新しておきます。男遊びと一緒で、またいつ飽きるか分からないから…。人生に一度は言ってみたかっただけ。

      本日はアングレーム国際漫画祭の話題に戻って本の紹介です。

      その1
      http://royal.shichiji.com/?eid=206
      その2
      http://royal.shichiji.com/?eid=207

      今回ご紹介するのは、大塚大塚英志さんブースでご自身の作品の売り込みをされていた、大塚さんのかつての教え子で若き漫画家のお二人の作品です。

      一冊目は中島千晴さんの作品で、大塚英志さん原作の柳田邦男を主人公にした話、「恋する民俗学者」。
      いただいたのは中島さんが大学の研究室にいらっしゃるときにつくられたという特別バージョンの表紙でお洒落です。



      一般に書店で買えるのはこちらの表紙です。柳田國男の嘆美な表情が魅力的です。中島さんとはロンドンにいらしたときに前の家で大家さんとエリックとお食事をご一緒したのですが、その際、エリックが中島さんの作品を見て、感情のこもった表情の描き方が素晴らしいと言っていました。ということで、エリックもお墨付き!
      と、ふざけて書いてますが、エリックも実はアーティストです。このブログでは「近所に住むいい人」というだけの登場でしたが…。



      こちらは浅野龍哉さんの「指輪物語」。



      ご本人の学生時代の恋愛を元にした短編集。漫画を描くことで失恋を乗り越えて行く様子を読者として見守るという希有な体験ができます。初々しい作品です。



      現在、浅野さんが助手をされている神戸芸術工科大学の学生さんの作品集「トビオ」もレベルが高くて驚きました。



      中島さんはフランスで、浅野さんは今後北京で、制作活動と併行して漫画の先生をされるそう。
      大塚さんと浅野さんによるニコニコ動画の世界まんが塾、2月20日の回の冒頭で少しアングレームでのお話をされています。

       

      では、本日はこの辺で。本の紹介はもう一回つづきます!

      アングレーム国際漫画祭にて その2

      0
        ということで、大好評(私の中で)第二弾!
        アングレーム国際漫画祭にて買った本の紹介です。

        が、買ったものは先にご紹介した二冊で終了です。あとはいただいたものの紹介です。

        こちらも独立系出版社のスペース内で、先の二冊の隣のブースにて。

        「Turkey comix #23」



        内容はいろんな作家のアート系コミック誌というところ。お値段20ユーロ。
        ただただ、スクリーンプリントのカバーがかわいくて眺めていたら、通訳のお礼にと、同行の方にいただいてしまいました。ひどいレベルの通訳なのに申し訳ないと思いつつ、ちゃっかりありがたく頂戴いたしました。


        中にはリノリウム版画(ゴム版)の本物が挟み込まれていまして、版画好きの心をくすぐる仕様となっております。
        お店の人に「スクリーンプリントだね〜」と話しかけたら、「いつもはリノリウム版画のカバーなんだけど、今回はその代わり、中に挟み込んでるから」と何となく申し訳なさそうに言われたことが気にかかっています。リノリウム版画愛好家からすると、「スクリーンプリント=手抜き」なのでしょうか…。

        例によってフランス語でしか情報がありませんが、以下のリンクで少しこの本の写真が見れます。
        http://www.thehoochiecoochie.com/catalogue/revues/turkey-comix/187-turkey-comix-23

        ということで本日は短く以上です!つづく!

        あら、Amazonにもあった。

         

        アングレーム国際漫画祭にて その1

        0
          さんざん、来世は何になりたいとか書きましたけど、今生で悟りをひらけば、輪廻転生から解脱できる可能性があることをすっかり忘れていました。そんなことを考えているうちに更新を怠りました。滞りすぎて、何から書き始めていいか分かりませんが…、仕事で(ここ強調!)フランスに行って来たので、まずはアングレーム国際漫画祭で買った本ともらった本の紹介でもして、勘を取り戻したいと思います。

          アングレーム国際漫画祭の独立系出版社のブースで買った本です。

          「Les Schtroumpfs Noirs」
          ベルギーのキャラクター「スマーフ」の発売禁止だった本!



          なぜかというと、発売当初は白黒印刷だったため、黒人差別につながるということだったそう。表紙の通り、全編を通して、夜の設定か何かで暗いところにスマーフの白い部分が浮き出ている表現です。そして青色に変えて再出版されたわけですが、コレクターアイテムということでお値段30ユーロ…。ちょっと迷いましたが、ブースを眺めながら、行きと帰りに本の前で立ち止まるたび、毎度英語を喋れる人が来てこの説明をしてくれまして。そうすると、回りにいた英語話者がこぞって買い始めるので、流れにのっておきました。

          「Riki femier」



          スマーフの本と同じブースで購入。オリジナルは「Petzi femier」という本みたいです。みんなで協力する話らしいのですが、ペリカン以外の全てのキャラクターを排除して、背景を描き直したそう。こちらは手頃な8ユーロ。



          ペリカンのRiki以外全てのキャラクターを消して、吹き出しだけのビジュアルとなり、Rikiの妄想の世界へと変わるという悲しいお話に…。

          上記二冊とも、どうやらIlan Manouachというフランス人(たぶん)アーティストによる出版のようです。フランス語での情報しかないので、それ以上のことはわかりませんでした。

          ゆっくり読むか〜と思ってたのに、フランス語で書かれていることを忘れていました。読めなくて悔しいです!
          ということで、ここで息切れしましたのでまた次回に。

          美術館でワークショップ(無料、そう無料!)

          0
            はぁ、どうしよう。ひきこもりすぎて書く事がありません。それではいけないので、金曜日の夜にナショナルポートレイトギャラリーのワークショップに行こうと夕方からノロノロ出かけてきました。出かける直前に急遽、大家さんからディナーのお誘いがあって、お断りしたら「どこ行くのよ?楽しいこと?」と聞かれたので、つい「友だちと美術館行って来る」って言っちゃいました。一人とか言うと引かれそうだし。ていうか確実に引くし。

            ナショナルギャラリーの隣にある、ナショナルポートレイトギャラリーでは毎週金曜日の夜に美術館の中でドローイングのワークショップを無料で行っています。もちろん入館も無料で、画材等は全て用意してあり、先生もいるので、気軽に立ち寄って描いてくることができます。美術館の中でドローイングっていうのも楽しいし、いろんな世代の人がたくさん参加しているので、ティーンエイジャーの「カレってクールよね〜」みたいな会話に聞き耳を立てたり、おじいさんと絵を見せ合いっこしたりと、ドローイング以外でもなかなか楽しめます。

            ちなみにそのティーンエイジャー、黒人の女の子三人組だったのですが、クラスメイトの男の子に夢中らしく、その彼の噂話をしながら、ドローイングはその意中の男の子の絵を描いていました。気になって気になって、「どれどれ、そんなに誉めるならどんな感じの男の子だい?」って覗き見したら、


            こんな感じの髪型の男の子の絵でした。もっとリアルな感じの絵で上手でした。

            それまで、中学生くらいのティーンエイジャーのはしゃぎっぷりに、恋に浮かれる年頃のこの感じは世界共通だなぁ、なんて大人目線で聞き耳立ててたのに、なんかやっぱり人種の壁を感じてしまいました。そりゃ人種や国が変われば、流行も違うのでしょうが、そりゃ一世を風靡したMCハマーじゃないのかい?こっちはMCハマーがどういう人かもイマイチわかってないのに…。

            ちなみに、今回は美術館に着いただけで疲れてしまったので、ぐるっと見て帰ってきました。ひきこもりの体力の衰え、すごいです。


            中部道中膝栗毛

            0
               家を出てから岐阜の目的地につくまで、26時間、滞在時間33時間、また22時間かけて戻って直接学校に行って、26時間後、無事に家につきました!家に帰ったら、ホストマザー(と、ここでは呼んでますが、実質は大家さんですね、今更ですが。)が、これが本当のワールドトラベラーね!と、なんだかすごい興奮でした。

              岐阜へはイラストを使っていただいてる映画の撮影見学と原画受け渡しも兼ねて行って来たのですが、すごく勉強になった上、現場の働く女性たちの圧倒的なタフさに(もちろん男性もなのですが、女子会でいろいろとお話をしたので)、ロンドンを上回るカルチャーショックでした。どこでどんな衝撃を受けるかわかりませんね。まさか、岐阜で、とは、思いもしませんでした…。映画の話はまた追々。

              ところで、ブリティッシュエアウェイズ(BA)が共同運行をはじめたということで、今回はじめてJALの国際便を使ったのですが、やっぱりサービスがきめ細かい!温かいおしぼりを配ってくれたり、ドリンクのメニューボードを用意してたり。機内食も圧倒的に美味しいし。乗客もほとんど日本人な上、ツアー客が多いからかアットホームな雰囲気さえ漂ってました。BAのあの外国的なラフだけどそこそこフレンドリーな感じも好きっちゃぁ好きです。

              週末に出された課題はBuy Nothing Dayという過剰消費に意義を唱えるキャンペーンにあわせて、アンビエントメディアキャンペーンを考えるというものでした。アンビエントメディアとは、広告などに使われる手法で、生活環境にあるあらゆるものを使って広める手法…というのか、なんていうのか、大好きwikipediaには英文でしかのってなかったので、googleの画像検索で見ていただくと分かりやすいかと思います。まぁ、そんなこんなで、私はフライトアテンダントさんに肩たたき券を差し上げて肩たたきしてきました。


              一応のフライトアテンダントさんに配慮してお顔から上は切らせていただきました。

              ところで、イギリス入国審査が一時間半待ち(審査官が足りてない)だったうえ、前回入国時の向こうの不手際を私の責任にされたので、強めに反論したら、入国はできたのですが、紙にいろいろ書かれて若干不安だったりしてます。
              不手際というのはStudent visitor visaで入国するには入国時に学校発行のビザレターを見せて学生として入らないと、観光目的で入国したことになり、学校に通えないんですね。そのときに審査官がVSTというサインをパスポートにボールペンで記入するんですが(偽造できそうですけど…)、オリンピックくらいから、このサインを書かない事案が増えているそうなんです。おそらくはオリンピックに備えて人員増加させた結果、よく分かってない審査官が増えてる、ということではないかと推測してます。それを知らなかったのですが、私が前回入国するときにも審査官がサインを書かなかったので、書いてと頼んだら、必要じゃない、と言われて書いてもらえなかったんです。学校では、ちゃんと申告しました、ということを伝えてokだったのですが、前回の入国で、visaレターを見せずに入国しただろと言われ、事情を何度も説明したのですが信じないので、少し怒り口調で、そっちの責任でしょ、ということを言ったら黙って書類になにか書き始めて、入国はできたものの、揚げ足取りがすごかったです…。空港使用税、高いのに何なのー!と思わずにいられない。だいたいイギリス人はいい人が多い印象ですが、毎回、入国審査だけは、感じ悪いんですよね。審査を厳しくしてればそうなるのは仕方ないのでしょうが。

              憎しみにかられて、余談の方が長くなってしまいました。スチューデントビジタービザで入国される方はお気をつけ下さい。

              夏の思い出、歯茎が腫れたこと。

              0
                 いやはや、学校の課題の量が、結構、大変なんです。が…先生が日本人にすごく親切にしてくれて、MA(間)とかWABISABIとかの言葉を使って丁寧に説明してくれます。そして、つたない英語でも我慢強く聞いてくださる。
                正直、去年のUCLのランゲージセンターでは、こんな単語も知らないの!?とか、なんで一度説明したこと分かってないの?っていう先生の反応に怯えてたのと、生徒同士のプライドのぶつかり合いなどがひどくて、天気の悪さもあいまって、しょんぼりしたもんです。それはそれで未知との遭遇だったので、面白いっちゃぁ面白かったですけど…。

                で、今週は帰国前に行ってたボランティア活動の話をプレイバック。

                The Clement James Centerの中にあるInto Universityという、ワークショップなどを通して、子ども達に大学進学に意欲を持ってもらおうという取り組みの団体が行ってる、夏のプログラムに参加してきました。ノッティングヒルで行われるカーニバルへの参加のために、衣装やらを子どもたちが三週間かけて作っていきます。私が参加したのは最初の一週間とちょっとで、子どもたちへのサポートや、子どもができない部分を作って用意したり、そんな内容のお仕事でした。


                カーニバルに参加するバスにラッピングするため、子どもたちが描いた鳥たちです。カーニバルのテーマは「ブラジリアンバード」なんですが、日本の鳥も描いて、と突然言われてぎくっとしたのですが、丹頂鶴を手前の隅に描きました。これから海外に行かれる方はこういう自体に備えて、留学する前に国鳥のキジを空で描けるようにしといた方がいいですね。


                他には鳥のヘッドドレスを紙で作ったりもしました。これをつくるアーティストなのか、何者なのかわからない、おじさんが本当に凄かったです。その場でデザイン画を描き、型紙をパパッと切って子どもに渡して説明、その場、その場でつくりながら、出来て行ってしまうんです。何者なのか、聞いたんですが、6歳からつくってる、という情報しか聞き出せず…。なぜか、仕切ってる人も彼の本業が何なのか知らず…、謎のものすごいおじさん。どういうこと…。


                子どもたちが着る衣装。これをデザインしたアニメーションアーティストの女性が、今回の美術総監督といった感じで進めていました。休憩時間にお話したのですが、ながいことアニメーション作りを1人でやってきて、誰かとものがつくりたくなった、ということで、パペット作りや子ども達に教えることを学んだそうで、実践は今回がはじめてだと仰ってました。ちなみに左に映ってる木の土台を私めが指導をうけながらつくりました。

                これが全てではないのですが、こういったものを子どもたちと一緒に作りました。カーニバルの時期は日本に帰国中のため、残念ながら、仕上がりは見られませんでした。

                しかし大変でした。英語が…。ときどき、イギリス人がかましてくる皮肉が辛かったりして、ストレスで上の歯茎が腫れちゃう位。テスコで毎日50円位のドーナツを買わないと行く気が失せるほどでした。でも子どもたちは無邪気で、とくに男の子は私の名前のYUだけで、めっちゃウケてました。You are Yu!て何度も言って爆笑。この辺は日本の子どもと変わらないみたいですね。英語ができないのを補うため、ここは必殺ORIGAMIだ!と思って、こっちで高いORIGAMIを買って一緒にやったりもしました。鶴とかできるものかと思ったら、子どもに教えるの大変なんですね。でも、急に日本に興味を持ってくれたみたいで、日本人だって言ってるのに、子どもたちは、日本に行ったことある?え、日本から来たの?1人でロンドンに住んでるの?家族はどこにいるの?寂しくないの?と、会話が噛み合なくて、かわいかったです。

                あと驚いたことは、日本だと必ず作業の最後に子ども達にお片づけをさせると思うのですが、こちらでは、そういうのは全てボランティア任せ。毎回お手伝いをしてくれる男の子がいて、その子を帰りの会で誉めたりはするんですが、とくに片付けなさいって子ども達に言うわけではなかったです。これがイギリス全体の常識か、ここだけかわ分かりませんが。

                そんな夏でした。締めくくり方が急ですね…。

                はじめてのおつかい in London

                0
                  明日、明後日とセントラルセントマーチンズの場所で行われるPop-Up Festival of Storiesというイベントにボランティアで参加してきます。フランス人のイラストレーターの方と子供達が一緒につくった作品があったり、絵本ショップができてたり、セントマのパフォーマンスデザインの学生さんがつくった子供向けの遊戯ブースがあったり、お芝居があったりそんな絵本をテーマにしたイベントです。

                  昨日、今日と設営のお手伝いも言って来て、ひたすらペンキ塗ったり、手を傷だらけにしてゴミを運んだり、私、今、才能の無駄遣いをしてる…!しかも商売道具の手を傷だらけにして、無給無休で!って思いながら、何事も始まりは下積みからだわーって思って耐え忍び、ナンバーガール(かつていた日本のバンド)が好きなイギリス人のボランティアの男の子と一緒に、なぜかセントマの学生が去った後まで、健気に働き続けました。まじめ過ぎて、オーストラリア人の女性(日本語を第二言語で取っていたそうで、けっこう喋れる)と男性(日本に一ヶ月滞在経験あり)に、ボランティアなんだから、働きすぎないでね、と何度も言われました。だって、日本人ですもの、止めろって言われるまで、働き続けてしまう…。



                  主にお手伝いしたブース。手前の絵は日本で買ったというドラえもんのバッグを持った台湾人の女の子ので、左奥の絵はこれまた日本語が喋れるフィリピン人の女の子のです。

                  ちょっと、もうみんなノンネイティブ含めて英語がペラペラ過ぎて、何言ってるかわからないし、私の英語がびっくりする程通じないけど、なんかすごく親切にしてもらいました。まぁ、私もかなり手伝ってあげたけどね!

                  英語がかなり問題なので、明日、明後日の本番を乗り越えられるのか不安ですが、奇跡的にも日本びいきな方に囲まれて昨日と今日を乗り越えられたので、明日も何とかなるはず!また、後日ご報告します。

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  2627282930  
                  << November 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • そして、オーストラリア編へ。
                    スー
                  • そして、オーストラリア編へ。
                    ゆか
                  • 日本に戻りました。
                    ゆか
                  • 日本に戻りました。
                    すー
                  • 日本に戻りました。
                    ゆか
                  • あのエリックの個展!
                    すー
                  • あのエリックの個展!
                    ゆか
                  • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                    しちじゆう
                  • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                    Maki
                  • 今日も演歌な一日でした。
                    すーしちじ

                  recommend

                  recommend

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM