私、引きこもってファストファッションを考える

0
    ロンドンでファストファッションというと、Primark(プライマーク)が有名どころで、オックスフォードストリートだけで3カ所もお店があります。こちらに来た当時は円高でしたし、こりゃ安い!ってことで何度か買い物をしましたが、結局安かろう悪かろうで、すぐにだめになってしまうし、どの時間帯も人で溢れかえっていて、床に物が散乱したお店に耐えられなくて、行かなくなりました。ちょっとしたお土産やエコバッグとか買う分には、かわいいものが多くておすすめですけどね!

    ファストファッションでもというか、だからこそというべきなのか、サイトを覗くと、いかにエシカル(道徳的)な企業であるかというアピールはしっかりしていて、労働者へのサポートやら、環境問題への取り組みについて細かく書かれています( http://www.primark-ethicaltrading.co.uk/ )。そういうところがイギリスらしいというか、日本のブランドではまだ広まっていない傾向なのではないかなと思います。しかしあの低価格で、本当にここまで配慮ができるのか疑問ではありますが…。
    余談ですが、何年前かも思い出せませんが、マーマーマガジン1号のカバーを書かせていただいた時は「エシカルファッション」を説明してもらっても「なにその横文字?」という感じでよく理解できないままでした…。

    フェアトレードを売りにしたファッションブランドの先駆けといえる存在のピープルツリーもイギリス人女性が東京とロンドンをベースにはじめたブランドですが、ピープルツリーとコラボしていたエマ・ワトソンがファストファッションを着ている人を批判したとかという話題も何年か前にありましたね(2ちゃんねるのまとめサイトみたいので見ました…。)。ちなみに最近日本から撤退してしまったみたいですが、アイルランドのブランド、オーラカイリーはピープルツリーともユニクロともコラボしていて、両極端だなぁと思ったりします。オーラカイリーがユニクロ価格で変えちゃうだなんて!ってことで興奮しましたけど。

    他のファストファッションはどうだろうと思ったら、H&Mにもサスティナビリティ(持続可能性)についてのページがありました。
    http://about.hm.com/en/About/Sustainability.html

    ということで、いろんな問題でエマ・ワトソンになれない私はH&Mのセールで3ポンドくらいで買ったバッグを二年程使い続けた後、壊れたので、カバンから型紙をとって、革で一から作り直しました。二日くらいかかったかな。「買った方が安くない?」という悪魔の囁きをふりきり、ファストファッションも着るけど、真逆もいくのでした…。





    我ながら、この仕上がりが上手過ぎてほれぼれ。そしてこの写真を見せたいがためのこの長文…。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • そして、オーストラリア編へ。
      スー
    • そして、オーストラリア編へ。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      すー
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • あのエリックの個展!
      すー
    • あのエリックの個展!
      ゆか
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      しちじゆう
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      Maki
    • 今日も演歌な一日でした。
      すーしちじ

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM