確定申告からの英語は楽しい

0
    確定申告から逃れる為に英語の勉強がはかどっています。きっと英語のテストの前なら確定申告がはかどるんだと思います。この逃げるときの機動力というか集中力というか、そういう心理をうまいこと使って逃げながら生産性を高める漠然とした何かを発明したいです。

    ということで、逃げながらの最近の英語学習を。

    どうせ家から出ないわけですし、結局私が必要なのは、リーディング、ライティング力だとようやく気がついたのですが、そうなればやはり文法ということで、最近は文法ばっかりというか、文法しかやってないです。

    まずイギリスに来るちょっと前に始めたのが「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル 」
    やっぱり5文型をちゃんと理解できるようになってだいぶ楽になりました。これが終るころには語学学校の先生に英語力がすごい伸びたと誉めてもらったものです。語学学校のおかげではないと思います。



    今もひたすら繰り返し使っているのが「English grammar in use」
    「毎日"IELTS(イギリスの英語試験)8.0を持っている”という引き寄せをやってるのに全然英語がのびない」と語学学校のクラスメイトで日本人の高学歴で顔の小さい才女に愚痴ったら、「勉強してください!」と言われて目が覚めた後、薦めてもらった一冊。
    細かい文法の使い道を網羅してくれています。もう4,5回やっていますが、何度やっても頭から抜け落ちてしまう…。


    そして、こちらに持って来てはいたけど一切手を付けていなかった「Mr.Evineの英文法ブリッジコース[中学修了→高校基礎]」を最近引っ張りだして、始めました。同じ文法の解説でも「English grammar in use」とはだいぶ違って、論理的に説明してくれるので、なぜそういう構文になるのかが理解できます。「English grammar in use」の解説は「こういうときはこう言うよ」ってだけなんですよね。とはいえ、そこのところを細かく英語で説明されてもちんぷんかんぷんになるだけなので、英語で学ぶ英語の文法本としてはやはりベストですね。逆に「Mr.Evineの英文法ブリッジコース」は覚えるべき文法用語が多くてちょっと面倒に思う事もあるのですが…。


    ということで、最近は上記の二冊で違う視点から文法を学んで行くと定着率が上がるのではと期待しています。在英3年半でいまだ高校レベルでもがいてるのですが、先が見えない…。というか、高校3年間真面目に勉強していればこのレベルまで出来るようになっていたんですね…。ベルバラを読んで号泣していた授業時間が惜しまれます。これ以上、今生での後悔を重ねないために確定申告に戻ります。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • そして、オーストラリア編へ。
      スー
    • そして、オーストラリア編へ。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      すー
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • あのエリックの個展!
      すー
    • あのエリックの個展!
      ゆか
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      しちじゆう
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      Maki
    • 今日も演歌な一日でした。
      すーしちじ

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM