イギリス人が体現する結婚観

0
    家から徒歩30分のところにワンズワースコモンという大きな公園があるのですが、散歩かたがた公園で読書でもと思って行ってきました。

    のどかな住宅街をずっと歩いていたのですが、線路を越えた辺りでなんともいえない嫌な雰囲気がしてきました。人がいないし、いやに静かだなと思っていたところで、立派な建物が現れ、それを囲む監視カメラの数々を見たところではっとしました。そういえば、以前にこの辺に住んでいたという友人が「あそこは刑務所あるよ」と言ってたことを思い出しました。若干ぞっとしたものの、しかし、建物が格好よかったので、写真を撮りたい、でも怪しい行動をとるもんじゃないと葛藤しながら歩いていたところで、角からウェディングドレス姿のカップルが楽しげに現れました。塀の前に並び、「次ここで撮るよ。ポーズとって〜。いいよいいよ!」とカメラマン。え、え、え?あれ?ここプリズンじゃないのかな?え、縁起とか気にしない系?ポーズとるの?脱獄してるフリみたいな?新婦が看守役で新郎は…?あ、結婚は人生の牢獄を体現するのか…!楽しそうじゃないか!(実際には新郎が新婦の頬に手をあてて、とかロマンチックなポーズをしてました。)

    目の前で起きた予想外の展開で、私もお洒落な刑務所の写真を撮ってきました。この車の奥でカップルが撮影中です。



    というか住宅街の中から現れたあのカップルは一体どこにいたのだろう…。世の男性陣へ牢獄とは思っている程悪いものではないと告げる、妖精だったのかもしれないですね。

    では、ワンズワースコモンのマイナスイオンを感じる写真をお送りしながら、今週はお別れです。






    道に迷いながら1時間かけて行ったので、着いた瞬間、公園のあまりの広さに嫌気がさしましたけど、初めて役立った99pショップのピクニックラグでのんびりしてたら私の機嫌が直りました。

    また来週!





     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • そして、オーストラリア編へ。
      スー
    • そして、オーストラリア編へ。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      すー
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • あのエリックの個展!
      すー
    • あのエリックの個展!
      ゆか
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      しちじゆう
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      Maki
    • 今日も演歌な一日でした。
      すーしちじ

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM