イギリスシックがとまらない

0
    イギリスにいたことも忘れるくらいすっかり日本に馴染んでいたわけですが、ここ最近、ふとした拍子にロンドンが恋しくなります。部屋中に充満してしまうほど強烈なイギリスの洗剤の匂いが持ち帰った物から匂ってきたとき。駅のアナウンスを聞いて、ふと、「あぁ今日はよく聞き取れる。あ、日本語だった」って思ったり。朝の列車で人に押された時、あぁイギリスならこんなときお互いに「ごめんね」「大丈夫!」って笑いあうのになぁ、と思ったり。街で外国人を見ては「どこからきて、どこにいくのかなー」と後をついていきそうになったり。帰国するよって言ったときの韓国人の友達のショックそうな顔を思い出したり(お互いビザの取りにくい国だけど頑張ってワーキングビザとりたいねって言っていたので)。帰国前の最後のお茶のときの「日常に戻るんだね」っていうエリックの言葉を思い出したり。「日本に帰ったら、あなたのボスに伝えて。働かせすぎないでって。」って前の前の大家さんに言われたことを思い出して、「何度もいうけど、フリーランスだからボスはいないって」って心の中で突っ込んだり。トラファルガースクエアの階段に座りながら「日本で付き合っていた彼女は変わってしまったんだよ」というジョージのほろ苦エピソードを聞いたことを思い出したり。「日本人は女性は女性同士で出かけて、男性はスーツ着て疲れた顔をしてるわよね」って日本旅行経験のあるルースに言われた言葉を思い出したり。馴染めないシェアスタジオで親切にしてくれた若いだろうけどロマンスグレーのあの人と、働きもののあの人と、明るくてかわいかったあの子は元気かなぁと思って寂しくなったり。

    日本在住経験のあるジョージが言っていた「日本のことは知らないことばかりだったから、街を歩いていて次の角を曲がったら何がでてくるんだろうってワクワクしてたよ。ロンドンにそれはないんだよね。」っていう言葉も強く思い出します。つづけて「日本人は働きすぎだから、住むのは絶対無理だけど!」って声高に言ってましたけど。まぁこの季節、次の曲がり角で銀杏が落ちてくるハラハラ感はありますね。
     
    そして、そんな風に寂しくなったときは、公衆トイレに行きます。あぁ、日本のトイレって清潔だなぁ、便利だなぁ、手が洗いやすいなぁ、乾燥機の音が静かだなぁ、音姫ついてるなぁ、水の流れがいいなぁ、一回で流れるなぁ、TOTOかな、INAXかな、あ、INAXはもうないんだっけ、とか。あっついお湯がでてくるなんてことはなく、ちょうどいい温度の水で手が洗えるなぁ、駅なのにパウダールームまでついてるなぁ、ドアの付き方が素晴らしくて出入りがしやすいなぁとか、動線が考えられてるなぁとか、日本の設計者は勤勉だなぁ、とか考えているうちに、日本に住んでいることがものすごくありがたく思えてきます。無料公衆トイレなのに!

    二ヶ月たつと、どこかに行きたい気分になるという、フーテンっぷりが板についてしまいましたが、トイレの快適さを思ってぐっと我慢。


    ロンドンのカフェのトイレのサインはかわいかった。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • そして、オーストラリア編へ。
      スー
    • そして、オーストラリア編へ。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      すー
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • あのエリックの個展!
      すー
    • あのエリックの個展!
      ゆか
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      しちじゆう
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      Maki
    • 今日も演歌な一日でした。
      すーしちじ

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM