もやもやとした情報をロンドンの街角から

0
    風邪をひいたので、髪の毛を乾かす時間を短縮しようと、近所の日系の美容室に行ってきました。日本人の美容師さんなので、はりきって、「とりあえず剛力彩芽にしてください」と言ったら、「わかりません」と言われてしまいました。「どんな感じですか?」と聞かれたのですが、いざ聞かれると、私も剛力さんがどんな感じだったか思い出せず…。剛力さんもロンドンではまだまだのようです。そして仕上がりはマッシュルーム的な感じになりました。そうだ!ロンドンといえば、ビートルズ!といえば、マッシュルームカットですよね!

    ということで、ビートルズ、と言えばですが、去る6月上旬に英語の試験を受けに行く途中で、久しぶりに行ったホルボーンの路地の一角の黒い大きな壁部分にビートルズのストリートアートが描かれているのに気がつきました。


    どーん。もともと威圧感ある黒壁だっただけに、大きなビートルズがすごい迫力。男性がかわるがわる記念撮影してました。

    ネットでちょっと調べたところ、Camden New Journalさんの記事によると、フランスのストリートアーティスト、Mr Brainwashの作品と言われている、ということらしいです。名前、かっこいいですね。イギリスでストリートアーティストというと、バンクシーのイメージしかないですが、学校の先生と話していたら、バンクシーはもう古いというか、人々の関心はもうバンクシーにない、ということを仰っていましたよ。私は、最近、バンクシーの本買ったばかりだと言うのに。

    で、こちらに戻って来て、どうなったかなーなんて見に行ってみたら、黒く消されていました。しかし、ビルの壁に意味ありげな幕がかけてある…。若かりしエリザベス女王がスプレー缶を手にし、life is なんとか、と書いてる。あぁ、すっごく意味ありげなのに、life is の後が読めません…。今度、エリックに読んでもらおう!



    ビートルズに対するレスポンスなのでしょうか…。はっきりしない終わり方で申し訳ないです。また、なんかわかったら、なんか書くかも、しれないです。


    10/19追記 
    フラットメイトからの情報によると、垂れ幕もMr Brainwashの作品で、Life is beautifulと書かれているそうです。建物の中でMr Brainwashのイベントをやっていたのだとか。意外と普通なオチでした。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • そして、オーストラリア編へ。
      スー
    • そして、オーストラリア編へ。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • 日本に戻りました。
      すー
    • 日本に戻りました。
      ゆか
    • あのエリックの個展!
      すー
    • あのエリックの個展!
      ゆか
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      しちじゆう
    • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
      Maki
    • 今日も演歌な一日でした。
      すーしちじ

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM