私、復活祭のテンションで留学を語る

0
    突然ですが留学までの経緯を小学生からさかのぼってお話してみたいと思います。

    私の家は勉強はしなくても構わない、という教育方針で、私も中学を出たら働くのだと、親が高校を勧めてくるまでは真剣に思っていました。実際、勉強も運動も得意ではなく、美術、家庭科の成績が人より少しいい位でしたので、母の影響もあり、ものづくりをして生計をたてようと小学生のときから思っていました。それにはとくに勉強は必要ではないのではないかとも思っていました。
    でも流れにのって高校に進学もしましたし、大学は絶対だめだと美大なんてもっての他だと、強く言われていたにも関わらず、高3の夏に、どうしても大学に行きたくなって、予備校代はバイト代で出すと約束し、毎晩枕元で土下座してお願いし(寝させない作戦)、大学受験はさせてもらいました。そんなに騒いでも落ちるものは落ちるもので、高校卒業後はテキスタイルデザインの専門学校に通いました。
    しかしやっぱり学費がもったいな気がしたので1年で退学し、そのあとはセツモードというデッサンの学校に週3回、半年程通ったあと、そこに貼ってあった求人を見て、早川タケジさんという衣装デザイナーさんのもとで働かせてもらいました。その間、青山塾というイラストレーションのスクールに週に一度、仕事の合間を抜けて通っていました。月7万位の稼ぎで、作業が山場のときは三日三晩家に帰れずお風呂にも入れず、真冬の倉庫で体育座りで寝るような過酷な生活をしていましたが、ものづくりの根性を教わったのは早川さんからでした。毎月の収入から、家に入れるちょびっとの生活費、年金と青山塾の学費を抜いたら手元にお金など残らず、汚い格好で買出しに出かけた先で、大学生の友人に会ったときは、さすがに悲しくなりました。
    そのころに青山ブックセンター本店内で青山塾生の絵の展示があり、それを見たアクアガールのデザイナーさんに声をかけていただいて始めてのお仕事をいただきました。それをきっかけに自分の制作時間を持つべく、早川さんのところを辞めて、バイトをしながら売り込みをはじめました。それが20歳のときで、HBギャラリーで無謀にも個展をさせていただいたのは22歳のときでした。
    それまでは、売り込みをしても全く上手くいかず、苦手な電話を克服するため、オペレーターのバイトをしたりして売り込みスキルを伸ばす努力をしていました。一向に売り込みのよいお返事がもらえない日々が続く中、バイト先で初めて、福利厚生や厚生年金という言葉を覚えて会社に勤めるって素敵だなと、心が揺らいだこともありました。そういう半端な気持ちに区切りをつけるべく個展の申し込みをし、それと同じ時期に「ひとつぼ展」にも入選し、その二つの展示で、いくつかお仕事をいただくことができるようになりました。それから少しずつ、◯◯を見て連絡しました、というように、仕事が広がるようになり、いろんな方との巡り合わせや助けをいただき、バイトなしで生活ができるようになり、七転び八起きで今に至ります。

    留学をしたいと最初に思ったのは高校生のときですが、計算するまでもなくお金がたりませんでした。仕事が軌道にのるまでは、なんとかバイトで費用が貯められないかと努力してみたものの難しかったです。それで、まずは日本で出来る限りのことをやるべきなのではと思い直して、留学用に貯めていた貯金ではじめての個展をしたわけです。そして、仕事に少しは自信もついて、留学を考え直したときに、一時は260円ほどまであがっていたポンドも140円になっていて、マンション買うぞーって貯めていた貯金と照らし合わせてみたら、それが無理な話ではなくなっていました。以前に書いた話の繰り返しになりますが、仕事の区切りもうまくついて、出るにはタイミングがとてもよかったのです。ただ仕事以外では家族のことが気がかりでしたので、少しでも孝行をと思って、多少自宅のリフォームをして家を出ました。

    留学はお金もかかるし、奨学金だってめったにもらえないし、簡単なことではないかもしれません。こちらで会う留学生を見てると、日本人に限らず、やはり金銭的に環境が恵まれてると思われる人はとても多いです。でも、お金の問題は必要ならば解決できるのだと思います。解決できないときは他に道があるのだと思うのです。私は大学に落ちたことも、それがたいした事ではないと頭ではわかっていても、10代のときはだいぶひきずりましたし、20歳前後のときは路頭に迷ったような暗い気持ちですごしていました。がむしゃらに模索する毎日の中で壁にぶつかることは本当に多かったと思います。そして、それが今、大人になって出来ることが増えていくことへの喜びに変わっているのだと思うのです。大人になって留学しても英語の習得が遅いなんていう話もありますし、学生時代に勉強してこなかったツケが今に回って来ているという感じもしないこともありません。ただ、私にとってそれはたいしたことではありませんし、留学のタイミングは今だったのだと、つくづく思うのです。人それぞれ、物事のタイミングとその時にするべきことがあって、今うまくいかないことがあったとしても、それは自分の進むべき道への修正かもしれません。自分の気持ちに従って思い描いたことは叶えられるのだと思うのです。だから、私は中学生のときに夢見たディカプリオとの結婚を諦めたわけでもないということも付け加えておきます。

    今日はイースター(復活祭)ということで語ってみました。




    ホストマザーが焼いたイースターバニーのパンです。かわいい!!
    ホストマザーは家族揃ってのキャンプに出かけてしまい、フラットメイト達も旅行にでているので、家に1人だったのですが、ホストマザーに寂しかったらエリックに電話してね、と言われました。そこまで、頼っていいものでしょうか。何度も言うけど、テレビもお借りしているのに…。

    震災から1年

    0
       震災から1年ですね。引きこもってばかりなので、ネットでの情報で恐縮ですが(しかも日本のニュースから)、ロンドンの教会でも追悼イベントをしていたようです。
      BBCでも1年ということで、サイトでは大きく取り上げられていますが、地震後と現在の写真を比べられるようになっている記事がありました。
      http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-17219009

      2,3週間前にはホストマザーがテレビで日本のことをやっているよ、とお茶に誘ってくれたのですが、地震後の原発内のドキュメンタリーでした。日本での報道がどんな感じなのかよくわかりませんが、実際に現場にいた人の話と実際の映像を交えながら、緊迫した様子をかなり深く追っていました。管さんがたびたびでて当時のことを語っているのを見ながら、この部分を日本で放送したなら、非難囂々になるだろうなと、彼は正しいわね!っていって感心しているホストマザーを横にして思うのでした。こういうときに、何をどう説明すればいいのか分からなくて、曖昧に流してしまったのですが、それは語学力の問題じゃなくて、自分が何を考えているか、何を知っているか、ということなんですよね。

      あらためて、被災した皆様にお見舞い申し上げるとともに、自分に何ができるのか今一度考えたいと思います。あの日に、被災地の方と比べたらほんの小さな小さな苦しみと恐怖の片鱗を感じて、あらたにした初心を大切にしたいと思います。



      教室の前の公園にて。相変わらず寒い日もあるのですが、こんな感じで日が出ることが多くなって来ました!まぁ、すぐに曇るのですが、気持ちがいいです。

      今夜もドキドキで眠れない☆

      0
         宿題をやっていない(終わってないとかじゃなくて)日曜夜23時、ちょっぴり泣きそうです。

        以前に単行本の挿絵と装画をかかせていただいた榊原英資さんの「君たちは何のために学ぶのか」が文藝春秋さんから文庫本になりました。今思えば、この本を読んだのが、一度諦めた留学にもう一度、挑戦してみようと思うきっかけでした。本の中で沢木耕太郎さんが「深夜特急」の旅にでたのがライターとして活躍していた26歳のときだった、というエピソードがでていて、ちょうど私もそのとき26歳、読みながら、私も…なんて思いつつ、でも仕事あるし無理だよ〜などともやもやしていたのでした。実際に「いこう!」って決心したのはその半年後位に習い事の先生に超怒られたからっていうくだらないことなのですが…。後生に語り継がれるそのときの私の名言が「私に必要なのはマンションの頭金なんかじゃない!」です。

        決心してみたら、長年携わって来た仕事もちょうど手を離れる時期がきたり、お世話になっていた連載もリニューアルにあわせて、よいタイミングでおろさせていただけたり、もちろんご迷惑をおかけしていることに変わりはないのですが、思っていたよりもすんなりと事が運び、そして、ご迷惑をおかけするにも関わらず、応援していただけたということが本当に嬉しいことでした。


        ちっちゃいナショナルギャラリーみたいなUCLのメインの建物。手前でやってるのはサークルみたいなものの勧誘イベント。たぶん。大学デビューしちゃいたいな…。

        留学して変わったこと

        0
          体重が3kg増えて、身長が1cmのびました。美容院に行ったら、「髪は地毛の色ですか?アッシュブラウンみたいな感じですね。」と言われました。あと外見だけで「すっかり外国人みたいになって」と3回言われました。もう一度いいますね、すっかり外国人みたいになりました。ショートカットになって垢抜けたとも言われました。(大宮の美容院で切ったといは言えませんでした。)あと、肌がきれいになったとも言われました。留学効果すごい!(念のために言うと、肌の状態は日本に戻ってお風呂に入っただけでかなり修復されましたが、向こうでは常にパッサパサでした。なので、美肌留学とかはおすすめできません。)

          さらなる女子力up☆を目指して、秋からはUCL(University College London) のランゲージセンターに行きます。主に大学進学予定の留学生がその前に語学力を補うため、Reading, Writing を中心に9ヶ月勉強するところです。入学条件はIELTS5.0以上であること。今まで通っていた、語学学校よりも断然、難しく、厳しく、忙しくなりそうなところです。

          私の語学力的な問題(が、ほとんどですが)と気持ちの迷いなどがありまして、ここに行けることが決まったのも帰国1週間前位でした。そもそも行き当たりばったりで留学を進めているので、いろいろと未定なのですが、少し今までの経緯とこれからのことをこれから何回かにわかて書いて行きたいと思います。


          工事中。







          板塀っていいな

          0


            夏に向かって、お花がとてもきれいな季節になりましたね。
            バスを降りてから学校まで住宅地を抜けて行くのですが、どこのお家もきれいにお花が咲いていて、晴れた日はとくに気持ちがいいです。そして植物と板塀との相性が抜群です!

            このブログの当初の趣旨からもしかするとずれてしまうかもしれませんが、ロンドンでの生活のこと、少しずつ書いて行きたいと思います。あいかわらずのゆっくり更新になると思いますが、ときどき覗いていただけばうれしいです。


            ロンドンに着きました

            0
              ロンドンには21日の月曜日に約一日遅れのながいフライトになりましたが、無事に到着しました。その日の朝からはじまる語学学校にもギリギリ間に合い、毎日学校に通っています。

              ロンドンに行くことは直前まで迷いました。今、日本を離れることも心苦しく、こんなにも価値観のかわることがおきて、私が留学することの意義を見いだせなくなりました。ただ、諦めきれない思いもあり、家族と相談を重ねて、出発を決意しました。

              留学生活のことはブログでいろいろとお伝えしたいと思っていましたが、しばらく控えさせてください。楽しみにしてくださっていた方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。

              10年ぶりの学業ですが、学ぶことは本当に楽しいです。背中を押してくれた家族や友人や仕事関係の方、全ての方に感謝申し上げます。

              【はじめに】ロンドンに行ってきます

              0
                スキルアップ、人生のリセット、自分探し、婚活、人口減少に伴う経済衰退及び市場の減少において世界マーケットに視野を向け、ひいては市場拡大、女子力アップを計るために…

                ロンドンに行くことにしました。

                3月20日に出発し、5ヶ月間、語学学校に通って、美術大学の夜間のショートコースでデッサンもちょっと勉強します。夏には一旦帰国して秋に再渡英する予定です。

                このブログでは留学準備のこと、ロンドンでの日々のことを書いていきたいと思っています。

                留学準備にあたって、webからたくさんの情報をいただきました。私も馬鹿なことばかり言っていないで、少しは情報を発信していきたいと思っています。情報を発信しないほうの「近どこ」ブログとあわせて、お付き合いいただければ幸いです。

                七字由布




                calendar

                S M T W T F S
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                25262728293031
                << October 2020 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • そして、オーストラリア編へ。
                  スー
                • そして、オーストラリア編へ。
                  ゆか
                • 日本に戻りました。
                  ゆか
                • 日本に戻りました。
                  すー
                • 日本に戻りました。
                  ゆか
                • あのエリックの個展!
                  すー
                • あのエリックの個展!
                  ゆか
                • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                  しちじゆう
                • 二ヶ月半、それは赤ん坊の首がすわる頃
                  Maki
                • 今日も演歌な一日でした。
                  すーしちじ

                recommend

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM